ニュース
» 2015年12月10日 09時23分 公開

お前ら戦うのかよ! 「貞子vs伽椰子」2016年6月公開決定

エイプリルフールのネタが本当に……。

[ねとらぼ]

 「リング」と「呪怨」、ジャパニーズホラーの代表とも言えるこの2作が、ついに同じスクリーンで共演を果たします。タイトルは「貞子vs伽椰子」で、2016年6月公開予定。公式サイトも12月10日よりもオープンしています




 主演は山本美月さん、監督は「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」などで知られる、フェイクドキュメンタリーホラーの第一人者・白石晃士監督。もともとホラー好きで、白石監督の「ノロイ」も見ていたという山本さんは、オファーを受けた時を振り返り「歴史のある2作品に両方出られるなんて、なんてお得でラッキーなんだろうと嬉しかったです」とコメント。また白石監督によると、本作のテーマは「衝突」。「最恐のキャラクター同士が衝突したら果たしてどうなるのか―、そしてそこに蠢(うごめ)く人間ドラマ。乞うご期待下さい」とのことです。

 また、「リング」はもともとKADOKAWA、「呪怨」はNBCユニバーサル・エンターテイメントが配給と、実は「映画会社の枠を超えた対決」でもある本作。KADOKAWAプロデューサーは「絶対、絶対、伽椰子と俊雄には負けません!」、一方NBCユニバーサル側も「確かに貞子は知名度、実績ともに強敵ですが、こちらは伽椰子と俊雄のタッグで挑みます!」と、ほとんどプロレスのようなコメントを寄せています。



貞子vs伽椰子 山本美月さんコメント

貞子vs伽椰子 白石晃士監督コメント

貞子vs伽椰子 KADOKAWA、NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン双方からのコメント。プロレスか

 なお本作は4DX上映もすでに決定。「貞子3D」シリーズからさらに進化したホラー体験が楽しめるとしています。

 余談ですが、「貞子vs伽椰子」というタイトルは、映画「貞子3D」の公式アカウントが今年のエイプリルフールに公開したジョークネタが初出。まさかあのネタが本当に実現する日が来るとは……。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む