ニュース
» 2015年12月10日 09時23分 公開

お前ら戦うのかよ! 「貞子vs伽椰子」2016年6月公開決定

エイプリルフールのネタが本当に……。

[ねとらぼ]

 「リング」と「呪怨」、ジャパニーズホラーの代表とも言えるこの2作が、ついに同じスクリーンで共演を果たします。タイトルは「貞子vs伽椰子」で、2016年6月公開予定。公式サイトも12月10日よりもオープンしています




 主演は山本美月さん、監督は「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」などで知られる、フェイクドキュメンタリーホラーの第一人者・白石晃士監督。もともとホラー好きで、白石監督の「ノロイ」も見ていたという山本さんは、オファーを受けた時を振り返り「歴史のある2作品に両方出られるなんて、なんてお得でラッキーなんだろうと嬉しかったです」とコメント。また白石監督によると、本作のテーマは「衝突」。「最恐のキャラクター同士が衝突したら果たしてどうなるのか―、そしてそこに蠢(うごめ)く人間ドラマ。乞うご期待下さい」とのことです。

 また、「リング」はもともとKADOKAWA、「呪怨」はNBCユニバーサル・エンターテイメントが配給と、実は「映画会社の枠を超えた対決」でもある本作。KADOKAWAプロデューサーは「絶対、絶対、伽椰子と俊雄には負けません!」、一方NBCユニバーサル側も「確かに貞子は知名度、実績ともに強敵ですが、こちらは伽椰子と俊雄のタッグで挑みます!」と、ほとんどプロレスのようなコメントを寄せています。



貞子vs伽椰子 山本美月さんコメント

貞子vs伽椰子 白石晃士監督コメント

貞子vs伽椰子 KADOKAWA、NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン双方からのコメント。プロレスか

 なお本作は4DX上映もすでに決定。「貞子3D」シリーズからさらに進化したホラー体験が楽しめるとしています。

 余談ですが、「貞子vs伽椰子」というタイトルは、映画「貞子3D」の公式アカウントが今年のエイプリルフールに公開したジョークネタが初出。まさかあのネタが本当に実現する日が来るとは……。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」