ニュース
» 2015年07月19日 11時00分 公開

「ほぼ無名」の低予算ホラーが起こした奇跡 ネット騒然「コワすぎ!」人気の理由は白石晃士監督インタビュー(1/2 ページ)

niconicoを中心に一部でカルト的人気を誇る「コワすぎ!」シリーズ。夏の一挙放送を前に、白石晃士監督に撮影の裏側や制作の狙いを聞いた。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 今年もニコニコ生放送で「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」が一挙放送される季節になった(関連記事)。ほんの1年半前まではほぼ無名だったシリーズが、今ではホラー特集企画の看板的存在になった。

「最初にファイル1をリリースした時は、ブログやTwitterを含めても片手で足りるくらいしか反応がなかった。それが短期間にこれだけの人に見てもらえて、しかも日に日に、目に見えて満足度が上がっていくという、またとない体験ができました」(白石晃士監督)

 転機になったのは2014年。シリーズ6作目にあたる「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版」公開にあたり、ニコニコ生放送で過去作を無料上映したところ、人気が爆発した。1夜目では10%そこそこだった満足度が、回を重ねるごとに上がっていき、最終日には90%を超えた。


画像 白石晃士監督。カメラマン・田代正嗣役として自ら作品にも出演している

 「コワすぎ!」は、「ノロイ」や「カルト」などで知られる、白石晃士監督によるホラーモキュメンタリー(ドキュメンタリー風ドラマ)シリーズ。2012年に第1作がリリースされ、7月26日にニコニコ生放送で初上映される「超コワすぎ! FILE-02 暗黒奇譚! 蛇女の怪」で通算9作目となる。

 予算も少ない、有名な俳優が出ているわけでもない。レンタルビデオ店のホラーコーナーにひっそりと置いてあるような、一見よくある「低予算B級ホラーシリーズ」がなぜこれほど人気なのか。白石晃士監督に聞いた。(※インタビューは6月12日に収録したもの)


画像 左から、ディレクターの工藤、アシスタントの市川、カメラマンの田代(白石監督本人)。この3人が、視聴者から送られてきた映像をもとに、毎回さまざまな怪異や都市伝説を取材し、映像に収めようとする――というのが定番の流れ


最初は検索しても感想すら出てこなかった

―― 立ち上げ当初の感触はどうでしたか?

白石晃士監督 感触は何もなかったです(笑)。感想を検索しても出てこなくて、ファイル2が出た後くらいに、やっと2件か3件ヒットしたかな。見てもらえればおもしろがってもらえるという確信はあったけど、最初はなかなか拡散されなかったですね。

―― 転機になったのはやはりニコニコ生放送ですか。

白石監督 最初は忙しくて見てなかったんですよ。でも途中から見はじめたら、徐々に満足度があがっていって、最後の一挙放送では90%超とかになって。うなぎのぼりでした。まさに目に見えて上がっていくのを見れた。

―― 企画の初期段階で、プロデューサーと「ニコ生でやったら盛り上がるよね」という会話があったと聞きました。

白石監督 もともと想定していたのは、「Xファイル」とか「ツイン・ピークス」なんかが好きな人だったんです。謎があって、キャラクターが立っていて、単純なようでいて複雑なモザイクのようになった物語構造。オタク向けというか、よく見ていくほど面白味があるものにしたいなと。そういう流れで、ニコ生ユーザーとか、同人誌とか書く人に受けたらいいね、みたいな話はありましたね。やおい本とか作られたら面白いよねとか。


画像 6月に有料上映された「超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん」の満足度アンケート。このときは「とても良かった」が92%を占めた

―― 白石監督と言えば、ネットやファンとすごく距離が近いイメージがあります。ニコ生もそうですし、よくTwitter(@shiraishikouji)で「コワすぎ!」や自身についてのつぶやきを大量にリツイートしていますよね。あれは狙ってやっているんですか?

白石監督 あれは、ホントは苦しいんだけど、タダで宣伝できるので使わない手はないなという感じでやってます。

―― 苦しいのにやってるんですか(笑)。

白石監督 リツイートまでするのって、カッコいい行為ではないじゃないですか(笑)。でもリツイートすることで、間接的にでも関わりを持てたことをうれしがってくれる人がいて、それはよかったと思ってます。

―― 僕もよく監督にリツイートされたのを見てニヤッとしてます。

白石監督 普通だったらフォロー外しますよね、リツイート数が異常なので。でも減るどころか今も増え続けていて、ありがたいです。

―― Twitterの制限にひっかかったりはしないですか。

白石監督 ニコ生の後とかは感想も増えるので、全部リツイートしようとして制限がかかっちゃったことはありますね。Twitterだとあんまり悪い意見は出てこないですけど、いい意見も悪い意見も分けへだてなくリツイートするようにはしていて、時々自分でも参考にしたりしてバランスをとってます。

―― 実際に作品に反映させた部分はありますか。

白石監督 「最終章」は私(カメラマン田代)がインターネットで生放送しているっていう体にしましたが、あれはニコ生のリアクションを見ていて「生は面白い!」って思ったからです。最初は生放送ではなかったんですが、書いてるうちにこっちの方が臨場感が出るなと。


画像 エゴサーチするワードは6つほど決めてあり、休憩中や寝る前などに順に検索しているそう


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」