ニュース
» 2015年07月19日 11時00分 公開

「ほぼ無名」の低予算ホラーが起こした奇跡 ネット騒然「コワすぎ!」人気の理由は白石晃士監督インタビュー(1/2 ページ)

niconicoを中心に一部でカルト的人気を誇る「コワすぎ!」シリーズ。夏の一挙放送を前に、白石晃士監督に撮影の裏側や制作の狙いを聞いた。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 今年もニコニコ生放送で「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」が一挙放送される季節になった(関連記事)。ほんの1年半前まではほぼ無名だったシリーズが、今ではホラー特集企画の看板的存在になった。

「最初にファイル1をリリースした時は、ブログやTwitterを含めても片手で足りるくらいしか反応がなかった。それが短期間にこれだけの人に見てもらえて、しかも日に日に、目に見えて満足度が上がっていくという、またとない体験ができました」(白石晃士監督)

 転機になったのは2014年。シリーズ6作目にあたる「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版」公開にあたり、ニコニコ生放送で過去作を無料上映したところ、人気が爆発した。1夜目では10%そこそこだった満足度が、回を重ねるごとに上がっていき、最終日には90%を超えた。


画像 白石晃士監督。カメラマン・田代正嗣役として自ら作品にも出演している

 「コワすぎ!」は、「ノロイ」や「カルト」などで知られる、白石晃士監督によるホラーモキュメンタリー(ドキュメンタリー風ドラマ)シリーズ。2012年に第1作がリリースされ、7月26日にニコニコ生放送で初上映される「超コワすぎ! FILE-02 暗黒奇譚! 蛇女の怪」で通算9作目となる。

 予算も少ない、有名な俳優が出ているわけでもない。レンタルビデオ店のホラーコーナーにひっそりと置いてあるような、一見よくある「低予算B級ホラーシリーズ」がなぜこれほど人気なのか。白石晃士監督に聞いた。(※インタビューは6月12日に収録したもの)


画像 左から、ディレクターの工藤、アシスタントの市川、カメラマンの田代(白石監督本人)。この3人が、視聴者から送られてきた映像をもとに、毎回さまざまな怪異や都市伝説を取材し、映像に収めようとする――というのが定番の流れ


最初は検索しても感想すら出てこなかった

―― 立ち上げ当初の感触はどうでしたか?

白石晃士監督 感触は何もなかったです(笑)。感想を検索しても出てこなくて、ファイル2が出た後くらいに、やっと2件か3件ヒットしたかな。見てもらえればおもしろがってもらえるという確信はあったけど、最初はなかなか拡散されなかったですね。

―― 転機になったのはやはりニコニコ生放送ですか。

白石監督 最初は忙しくて見てなかったんですよ。でも途中から見はじめたら、徐々に満足度があがっていって、最後の一挙放送では90%超とかになって。うなぎのぼりでした。まさに目に見えて上がっていくのを見れた。

―― 企画の初期段階で、プロデューサーと「ニコ生でやったら盛り上がるよね」という会話があったと聞きました。

白石監督 もともと想定していたのは、「Xファイル」とか「ツイン・ピークス」なんかが好きな人だったんです。謎があって、キャラクターが立っていて、単純なようでいて複雑なモザイクのようになった物語構造。オタク向けというか、よく見ていくほど面白味があるものにしたいなと。そういう流れで、ニコ生ユーザーとか、同人誌とか書く人に受けたらいいね、みたいな話はありましたね。やおい本とか作られたら面白いよねとか。


画像 6月に有料上映された「超コワすぎ! FILE-01 恐怖降臨!コックリさん」の満足度アンケート。このときは「とても良かった」が92%を占めた

―― 白石監督と言えば、ネットやファンとすごく距離が近いイメージがあります。ニコ生もそうですし、よくTwitter(@shiraishikouji)で「コワすぎ!」や自身についてのつぶやきを大量にリツイートしていますよね。あれは狙ってやっているんですか?

白石監督 あれは、ホントは苦しいんだけど、タダで宣伝できるので使わない手はないなという感じでやってます。

―― 苦しいのにやってるんですか(笑)。

白石監督 リツイートまでするのって、カッコいい行為ではないじゃないですか(笑)。でもリツイートすることで、間接的にでも関わりを持てたことをうれしがってくれる人がいて、それはよかったと思ってます。

―― 僕もよく監督にリツイートされたのを見てニヤッとしてます。

白石監督 普通だったらフォロー外しますよね、リツイート数が異常なので。でも減るどころか今も増え続けていて、ありがたいです。

―― Twitterの制限にひっかかったりはしないですか。

白石監督 ニコ生の後とかは感想も増えるので、全部リツイートしようとして制限がかかっちゃったことはありますね。Twitterだとあんまり悪い意見は出てこないですけど、いい意見も悪い意見も分けへだてなくリツイートするようにはしていて、時々自分でも参考にしたりしてバランスをとってます。

―― 実際に作品に反映させた部分はありますか。

白石監督 「最終章」は私(カメラマン田代)がインターネットで生放送しているっていう体にしましたが、あれはニコ生のリアクションを見ていて「生は面白い!」って思ったからです。最初は生放送ではなかったんですが、書いてるうちにこっちの方が臨場感が出るなと。


画像 エゴサーチするワードは6つほど決めてあり、休憩中や寝る前などに順に検索しているそう


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する