ニュース
» 2015年12月10日 18時44分 公開

鳥人間が裁判で戦う謎ゲーム「Aviary Attorney」登場 カエルさん殺人事件を解決してネコさん容疑者の疑いを晴らす

なんだこのシュールさは……。

[たろちん,ねとらぼ]

 リアルな「鳥人間」になって法廷で争うシュールな裁判ゲーム「Aviary Attorney」が登場します。Steamにて12月18日リリース予定。

 正義の鳥弁護士ジェイジェイ・ファルコンとなって、難事件の真相に迫るアドベンチャーゲーム。有能な鳥助手のスパロウソンとともに街でさまざまな証拠や証言を集め、鳥検事や裁判鳥に正義の真実を突きつけるという内容になっています。登場キャラは殺人の被害にあってしまうカエル人間や、無実の罪で容疑をかけられるネコ人間など、全て動物がモチーフ。いわゆる「逆転裁判」のように、法廷で隠されていた真実を暴いていく痛快感が魅力のゲームのようですが、決めゼリフを叫んでも完全に鳥でしかないあたりがシュールです。

Aviary Attorney カエルさん殺人事件が発生

Aviary Attorney 正義の鳥さん弁護士が真相に迫る

Aviary Attorney その前に立ちふさがるニワトリさん検事

Aviary Attorney 街でゾウさんたちから証言を集めます

Aviary Attorney 「この裁判は終わりだ!」と決めゼリフを言う鳥の人

 舞台となるのは「1848年革命」が起こった激動の時代のパリ。奇妙な鳥人間らのデザインは、1800年代に活躍した画家J・J・グランヴィルの描いた「胴体が人間で頭が動物」という風刺画に影響を受けて生まれたものだそうです。ハトヤギなどおかしなキャラクターのゲームが人気になる昨今のゲーム業界ですが、さらに斜め上の「鳥人間」を主人公にした一際異色の作品になっています。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声