ニュース
» 2015年12月18日 16時18分 公開

日清、「10分どん兵衛」は想定外だった 「世の中の多様性を見抜けていなかった」と反省

公式は知らなかった……だと?

[ADAKEN,ねとらぼ]

 以前お伝えした「10分どん兵衛」(関連記事)ですが、その後も話題が話題を呼び、ついに製造元の日清食品を巻き込んだ思わぬ展開へと進展したもようです。ん? 何やらすさまじい勢いで謝罪していますね。


謝罪文 公式サイトに掲載された謝罪文。知らなかったで済まされるのでしょうか?(日清食品公式サイトより)

 「10分どん兵衛」とは、本来お湯を注いで5分で食べられる「きつねどん兵衛」を10分待ってから食べるという技で、柔らかめ好きやアツアツすぎるのが苦手という人々を中心に「これはアリかも」と、ネットを中心に話題を呼びました。この話題の火付け役となったのが俳優でミュージシャンのマキタスポーツさん。マキタスポーツさんは、自身のブログで「『この麺は10分の茹で時間でも耐えられるように作ってあるんだよ。』ということが裏側には隠されていた。恐るべし日清!」と持論を展開していたのですが……。


緊急対談 マキタスポーツさんとどん兵衛担当者の緊急対談が実現(日清食品公式サイトより)

 そこで、話題を聞きつけた日清食品のどん兵衛担当者がマキタスポーツさんに緊急アプローチ、まさかの対談実現となりました。そこで発覚したのは、メーカーサイドは10分どん兵衛などかけらも想定していなかったという意外すぎる事実。それが冒頭の謝罪文につながったようです。


マキタスポーツさん 怒り心頭のマキタスポーツさん(日清食品公式サイトより)

どん兵衛担当者 平謝りのどん兵衛担当者(日清食品公式サイトより)

 さらに両者の対談は調理時間の議論から日本人論、お湯のかけ方論、食の多様性など高尚な議論へと拡大。「うどんらしく、コシがあって、一番美味しく食べられる瞬間」として5分という調理時間を設定したという日清食品の担当者も、「インスタント麺は本来、時間を守るものだっていう固定観念に対しての新しい提案として受け入れられているのかなって思いますね」と、10分どん兵衛を容認することで話はまとまったようです。

マキタスポーツさんと日清のどん兵衛担当者 きつねどん兵衛と天そばではお湯の量が違っていたとは、意外ッ!(日清食品公式サイトより)

ADAKEN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露