ニュース
» 2016年02月01日 23時00分 公開

江戸時代に「びよ」「びょう」と表現された犬の鳴き声!? 国によってまったく違う様々な動物の鳴き声とは

海外と日本で異なる動物の擬声語について調べてみました。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
「ハムハム」「モンモン」「ホップホップ」……犬の鳴き声はそんなふうに聞こえますか?

 犬は「ワンワン」。猫は「ニャー」。動物の擬声語にはいろいろなものがあります。小さい頃から当たり前のようにそう教えられてきた日本人ですが、海外の人たちからしてみれば「なんだそれ?」「そんなふうに鳴いているか?」と疑問に思うようなものも少なくないようです。

 そこで今回は海外と日本で異なる動物の擬声語について調べてみました! 日本と海外でどのような違いがあるのでしょうか。「えっ? これがあの動物の鳴き声!?」と驚く、意外なものが大集合しました!

動物の鳴き声、アメリカではどのように聞こえているの?

 私たちが当たり前のように聞こえている「犬=ワンワン」「猫=ニャー」の擬声語ですが、海外の人たちに「犬ってどうやって鳴く?」と訊ねるとまったく違う答えが返ってきます。

 例えば、アメリカでは動物の鳴き声がこんなふうに聞こえるそうです。

  • 犬 → Bow(バウワウ)
  • 猫 → Meow(ミャーオ)
  • ニワトリ → Cocka-a-doodle-doo(クックドゥードゥルドゥー)
  • ブタ → Oink(オインク)
  • ヒツジ → Baa(バー)
  • 馬 → Neigh(ネェーイ)

 個人的に馬の鳴き方「ネェーイ」に一石を投じたいところ。ほかにもサルは「ヤックヤック」。シチメンチョウは「ゴッブルゴッブル」など、日本ではあまりなじみのない擬声語がいろいろあります。

 また、日本でウサギをあわらす音というと「ピョンピョン」ですが、アメリカでウサギの音は「Boing-boing(ボインボイン)」。男性にとってムフフな響きですね!

鳴き声が国によってまったく違うように聞こえるのはあの生き物!

ギリシャではカエルの鳴き声は「クアククアク」

 猫の擬声語は、アメリカと日本でなんとなく似ていると思いませんか? 国によって違いがわかりやすく出るのが、カエルです。日本でのカエルの鳴き声は「ゲロゲロ」が定番ですが、各国ではどのように聞こえているのでしょうか。

  • イギリス→ribbit(リビット)
  • イタリア→Cracra(クラクラ)
  • タイ→Obob(オッブオッブ)
  • ハンガリー→Brekeke(ブレケケ)

 まさにバラバラ! 言語が違えば、動物の鳴き声も違って聞こえるのです。

 また、犬も国によって違いがよく出ていて、おもしろいですよ。

  • フランス →Waouh(ワフワフ)
  • スペイン→Guau(グァウグァウ)
  • オランダ→Blaf(ブラフブラフ)
  • ルーマニア→Ham(ハムハム)
  • 韓国→Meong(モンモン)
  • インドネシア→Guk(グッグッ)
  • トルコ→Hev(ヘヴヘヴ)
  • イラン(ペルシャ語)→Haap(ホップホップ)
  • サウジアラビア(アラビア語)→Haw(ハウハウ)

 イランの「ホップホップ」はなんとなく小型犬の鳴き声ような印象を受けます。スペインの「グァウグァウ」は大型犬の鳴き声のよう。動物のサイズによっても聞こえ方が、また違うのかもしれませんね。

同じ動物なのに、日本と海外でどうして聞こえ方が違う?

世界の言語を知るきっかけになるかも!

 動物はどの国にいても同じように鳴いているはずなのに、なぜ国によって聞こえ方が異なるのでしょうか。それは、生まれ育った歴史と文化が違う、という理由がひとつあります。

 第一、日本人ですら犬はワンと鳴くと思っていますが、江戸時代はイヌの鳴き声を「びよ」「びょう」。ニワトリは「コケコッコー」ではなく「とっけいこう」「とってこう」と聞いていました。「びよ」から「ワン」になるまでさまざまな過程があったのかと思うと感慨深いですね。

 ──まだまだ動物の鳴き声には世界各国さまざまなものがあります。皆さんも、これを機に調べてみてはいかがでしょう。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news122.jpg 坂口杏里さん、新婚夫が毎日の愛妻料理をベタ褒め “バカ美味すぎ”の評価に「嬉しすぎて幸せやぁ」「愛ですね」
  2. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  3. /nl/articles/2206/27/news100.jpg 「出勤前に柴犬の匂いを染みつける飼い主」 ギュッとされるワンコの幸せそうなお顔に「心が浄化された」の声
  4. /nl/articles/2206/28/news156.jpg 元乃木坂46の伊藤かりん、「顎変形症」手術のプレート除去 「骨って再生するんだね。人間すごい」
  5. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. /nl/articles/2206/10/news085.jpg 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  7. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦
  8. /nl/articles/2206/28/news098.jpg 「SOUL'd OUT」が突如トレンド入りも本人たちは無関係で「真実はどこだ」状態 発端は“Sold out”の誤変換?
  9. /nl/articles/2206/27/news130.jpg この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つかると食べられちゃう!? 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  10. /nl/articles/2206/27/news184.jpg 「TRF」YU-KI、療養中「globe」KEIKOの近況明かす「彼女はいたって元気です」 2011年にくも膜下出血倒れる

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」