ニュース
» 2015年11月19日 16時26分 公開

おとなしくてかわいいよ……! 「ファービー」を生み出した玩具メーカーがシニア向け猫型ペットロボットを発表

ペットを飼うことができない高齢者にとって大切な存在になりそう。

[高城歩,ねとらぼ]

 アメリカの玩具メーカー・ハスブロ(Hasbro)がシニア層に向けた猫型ペットロボットを発表しました。ちなみにハスブロといえば、あのコミュニケーション・トイ「ファービー」を生み出した会社です。


Companion Pets Companion Pets(Hasbro)

ファービー ちなみにこちらが「ファービー」。日本ではタカラトミーから販売されています。けっこううるさい

 この猫型ロボットは、ペットを飼えない(飼うことに抵抗のある)状況の高齢者層に向けて、活発なコミュニケーションを促すために開発されたもの。「ファービー」は「なんだか騒がしかった……」という印象が根強いですが、この猫ちゃんはとっても物静か。

 「ニャー」という鳴き声もどこか気品があり、毛づくろいをする仕草もリアルでかわいらしいです。シニアでも安心して抱っこできる仕様。ふかふかの毛並と愛くるしい仕草に思わず笑顔が広がります。


Companion Pets 大人しい

Companion Pets 愛くるしい仕草で思わず笑顔に

 ハスブロが15年かけて培ってきた、動物の動きを電子工学を用いてぬいぐるみで再現する技術(アニマトロニクス)を存分に生かしたこのロボット。モニターによるテストを何度も繰り返し、そこからのフィードバックを元にして改良をほどこし完成したとのこと。


Companion Pets 触りたい……!

 ペットセラピーという言葉もある通り、動物に“触れる”ことにより、ある種の“癒し”を得られるのだとか。外出が少なく、こもりがちになったシニアにとって、良い影響をもたらすかもしれませんね。かわいい猫ちゃんを抱っこしていれば自然と子供やお孫さんが集まって、そこから会話が広がっていく……というステキな連鎖も期待できそう。


Companion Pets silver(シルバー)

Companion Pets creamy white(クリーム色)

Companion Pets orange tabby(オレンジのとら猫)

 価格は1体99.99ドル(約1万2000円)。クリーム色、シルバー、オレンジ色がかったとら猫の3種を提供しています。ハスブロのオンラインショップ「JoyForAll.com」で販売しています。「ファービー」とは系統の違うコミュニケーション・トイとして、シニア層に癒しとやすらぎを与えてくれる大切な存在になるかもしれませんね。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10