ニュース
» 2016年02月19日 17時34分 公開

竹書房「大川ぶくぶがラブコメ新連載開始」 ……と思ったか? 「ポプテピピック」復活だオラァ!!

大人気打ち切りコミックセカンドシーズン。

[コンタケ,ねとらぼ]

 “とびっきりのクソ4コマ”こと大川ぶくぶさんの「ポプテピピック」(関連記事)が、まんがライフWIN編集部総出の壮大な茶番劇とともに奇跡の復活を果たしました。「ラブコメで新連載スタート」だったはずが、1話の最後には全読者待望のオチが用意されていたのです。ヒャッハー!



 2月17日。まんがライフWINの公式Twitterにて、大川ぶくぶさんの新連載「☆色(ほしいろ)ガールドロップ」のスタートが告知されました。「ポプテピピック」とは打って変わって、ポップなラブコメ漫画の雰囲気を漂わせた作品です。あの核爆弾のような大川ぶくぶさんが、こんな緩い漫画を……?



 翌18日、ついに1話前半が掲載。告知通りのラブコメ4コマで、「ポプテピピック」のようなダイナミックでダイナマイトでデンジャラスでワールドデストロイヤーな雰囲気はどこにもありません。大川ぶくぶさん自身も、Twitterで新連載開始を描きおろし画像とともに告知。どうやら今回は、この路線で行くようです。




1話 1話1ネタ目(画像はまんがライフWINより)

 そして19日。1話の後半が掲載されました。自分のことを忘れてしまった主人公に対し、「私だよ私!」と言い続けるヒロイン。「わかんねーよ!」と言い続ける主人公。それでもめげずに「私だよ私!」と呼びかけ続けるヒロイン。そして……。


1話後半 「私だよ私!」


1話ラスト きたああぁぁぁっっっ!!

 「私だよ!!!!」という言葉とともにヒロインの顔を“バリィ”と引き裂いた下から出てきたのは、「ポプテピピック」の主人公ポプ子! そして左上には「ポプテピピック セカンドシーズン」の文字! 結局「ポプテピピック」じゃねーかぁ!!

 新連載の告知も、「☆色ガールドロップ」という漫画自体も、全てはこの最後のオチのための前振りでした。すごい。頭おかしい。一体どんな風に編集部と接していたら、こんなぞんざいに優遇してもらえるのでしょうか。

 このオチを見た読者からは、「ほらああああああもおおおおおおおお」「くっそwww」「リアルに『ファッ!?』って声出たわ」「えっちょっと待ってくださいよどういうことですか」「やりやがったな」といった声が上がっていました。皆さん楽しそうで何よりです。











 なお、現在まんがライフWINの「デイリーランキング」は1〜3位まで同作品が占めており、とびっきりのクソランキングとなっています。これはレジェンドですわ。


ランキング とびっきりのクソランキング

 想像を絶する形で再開した、「ポプテピピック」。セカンドシーズンは、どんな形で打ち切られ、どのように竹書房をぶっ壊す(関連記事)のか今から楽しみです。

関連キーワード

漫画 | 4コマ漫画 | 核武装 | 再開


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」