ニュース
» 2016年02月23日 21時30分 公開

ふんどし+パンティ=「FUNTY」 大胆かわいい新感覚下着「FUNTY」ってなんだ?

担当者に取材しました。

[大原絵理香,ねとらぼ]

 近年、ふんどしが密かなブームを迎えているそうですが、このたび女性向けの新しい下着のかたちとして「ふんどし」と「パンティ」を掛け合わせた「FUNTY」がネットで注目を集めています。


FUNTY これが「ふんどし」とは、誰も思うまい!

 「FUNNTY」とは、ふんどしの通気性の良さやソケイ部を締め付けないふんわりとした着け心地と、リアルふんどしにはなかったかわいらしさのいいとこどりをした女性用ランジェリー。公式サイトで税別3900円から注文を受け付けています。


FUNTY 勝負下着でも通用するかわいさ

FUNTY ふんどしに一番近いデザインのシリーズでも、かわいい

 現在は天然の保湿成分を含むシルク性の「venus」、ひもで結ぶことに抵抗がある人に向けたオーガニックコットンの「angel」、ふんどしに一番近いデザインの麻で作られた「muse」、フロントにフリルをあしらったオーガニックコットンの「fairy」の4つのラインが登場しており、そのかわいらしいデザインに、ネットでは「まじかわいい!」「上下セットで着けたい!」などの声が上がっています。

 今回、担当者に直接「FUNTY」の魅力を伺いました!


――「FUNTY」誕生のキッカケを教えてください。

 私自身がむくみやすい体質で、冷え等にも悩まされていたのですが、何よりも下着の締めつけが苦手。これらの悩みを解消してくれる下着として、ふんどしの機能性に着目したのですが、デザイン的にはかなり微妙……。もっとかわいくて履きやすいデザインのものはないだろうか、さらに欲を言えばシルク等のお肌に優しい天然繊維でてきたものを……と探していましたがなかなか見つからないので、それならば自分で作ってみようと思ったのが一番のキッカケです。

――「FUNTYを身につけることで女子力が高められる!?」とのことですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

 まずはかわいらしいデザインなので、身につけることで女性としての気分が高まるということがあげられます。これは通常のお気に入りのランジェリーを身につけるときも同じかと思いますが、「FUNTY」はそれに加えてお肌に優しい天然素材を使っていて肌ストレスが少ないのも特徴です。また、そけい部の締めつけがなく血流やリンパの流れを阻害しないので、冷えや生理痛といった悩みを抱えている女性にとっては健康面でもうれしい効果が期待できます。更に履き心地もとっても軽やかなので、心身ともに開放的な気分が味わえ、高いリラックス効果が得られると思います。

 特に人に見せるわけではない下着に気を使い、上質な素材で作られた履き心地が良くかわいいランジェリーを身につけるということは、自分自身を大切に扱い慈しむことにもつながります。見えない部分に気を使ったり、お肌やカラダへのストレスを減らしてリラックスすることで、女性本来の魅力も高まっていくのではないでしょうか。

――今後の動きがあれば教えてください

 昨年の12月に販売を開始した「venus」のKIMONOシリーズがとても好評だったので、また春頃に違う柄の新作をお披露目させていただく予定です。その他にも、カラーバリエーションを増やしたり、新たなデザインも考案中なので楽しみにしていていただけたらうれしいです。


(大原絵理香)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー