ニュース
» 2016年02月24日 18時30分 公開

エマ・ワトソンさん1年間の休業発表 読書とフェミニストとしての活動に集中

ちょっとさみしい。

[城川まちね,ねとらぼ]

 「ハリー・ポッター」のハーマイオニー役で知られる女優のエマ・ワトソンさんが、1年間の休業を発表し話題となっています。

エマ・ワトソン ベル・フィックスさんとの1枚(画像はエマ・ワトソンさんのTwitterより)

 エマ・ワトソンさんの休業は、米PAPER誌が企画した対談の中で明らかにされたもの。フェミニストで社会活動家のベル・フィックスさんとの対談で、彼女は休業の理由は2つに集約されるとしています。

 1つは読書を通した自己成長のため。一時はジェンダー論の勉強をすることも考えたようですが「人と話したり、読書をするだけでまるで化学反応が起こるようだし頭の構造が変わっていくような感覚をつかめることに気づいた」と語っています。

Instagramの投稿も活発 Instagramの投稿も活発(画像はエマ・ワトソンさんのInstagramより)

 もう1つはフェミニストとしての活動に集中するため。エマ・ワトソンさんは2014年に国連のUN Womenの親善大使に任命されています。ジェンダー問題に取り組む「HeForShe」というキャンペーンで行われた彼女の演説は、感動的だと話題になりました。

このときの演説、会場は拍手喝采(かっさい)でした

 休業中は仲間と大学を回ったり、「HeForShe」のWebサイトを新たに立ち上げるといった活動のほか、自らのヨガのレベルアップを図るなどプライベートの充実も考えている様子。10歳年上のIT企業家との熱愛も発覚したばかりで、そちらの発展もあるのではないかと推測する人もいます。

 1月には、フェミニストの読書会を始めたいとしてその名称をTwitterで募集していたエマ・ワトソンさん(関連記事)。休業で姿が見えなくなるのはさみしいという声もありますが、ディズニーの実写映画「美女と野獣」でベル役を演じることが決まっており(関連記事)、成長した彼女の姿がスクリーンで見られそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響