ニュース
» 2016年03月11日 10時00分 公開

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)(4/4 ページ)

[多根清史(インタビュー)・池谷勇人(構成),ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

ギャグのつもりは全くなかった

―― 今では「なんだってー!」のアスキーアートがネットで使われたりしてますが、当時から「笑い」は意識してましたか?

タナカ いや、まったくないです。「なんだってー! という漫画ですか?」みたいな反応を聞いて、そこが受けてるんだ、じゃあ漫画でもどんどんやっていこう、というのはありましたね。でも、ギャグとして発信したつもりはなかった。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー おなじみ「な、なんだってー!」のAA

イケダ どちらかと言うとドキュメンタリーを意識していて、笑わせてやろうって感覚は全然ないんですけど、そう捉える読者もいるんだなと。「男の友情を描いたのにボーイズラブと受け取られる」のはよくあることですし、逆にそれを意識した匂いがあると避けられますよね。

―― 大真面目な作りだから面白いと。「話は聞かせてもらったぞ!」も別にギャグじゃなくて、話をスピーディーに展開させるためですよね。

イケダ ものづくりの醍醐味なんでしょうね、予想もしない形で波及していくという。当時のアンケートでは、大学受験を控えた年ごろの子がビビッドに反応してましたね。大人ならギャグに見えるけど、子どもだと真面目に怖がられる。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー こちらもよく使われる「話は聞かせてもらったぞ! 人類は滅亡する!」

―― 読者が歳を重ねるに連れて、楽しみ方も変わる漫画ですよね。

イケダ それは僕らも一緒でしたね。水曜スペシャルや木曜スペシャルにしても、今思うと馬鹿馬鹿しい話だけど、子どものころは本当に怖がってたし。本当に火星人や地底人がいるんだと思ってましたから。



「MMR」1回きりの復活予告!?

―― アマテラスで「MMR」が復活したのは、どういう経緯だったんですか?

トマル もともと「MMR」は読者とコミュニケーションを取っていた漫画ですし、アマテラスにもユーザーと交流できる企画があるといいよね、と講談社の社内でタイトルが上がって。ちょうど僕がいるから「MMR復活編」を作るのがいいんじゃないの、というのが始まりだったんです。それでキバヤシさんにもご協力していただいたんですが、正直言ってマンパワーが足りなかったので、うまく回らなかったのが反省点ですね。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 「MMR復活編」は当初トマルさんがたった1人で担当していた

―― とてもそうは思えない、絶好調の滑り出しでしたね。

トマル やっぱり漫画を作るのは楽しい、でも僕1人になってしまってどうしようと。それで、キバヤシさんに「ノストラダムスの話は(連載終了と世界滅亡予定の)99年一杯まで使いきってます。じゃあ何の謎を解けばいいんでしょう?」と相談したんですよ。そのとき、キバヤシさんはあくまでノストラダムスでいこうと。「ノストラダムスは1999年に世界が滅びるとは言っていない!!」とちゃぶ台返しの発言をされて、まさに「なんだってー!!」ですよ。

―― 「1999年こそ真の恐怖のタネが生まれた年だったんだよ!」とキバヤシさん本人が言うなら、まぁしょうがないですよね(笑)。

トマル でも2010年代になると、我々が90年代に独自に調べていたことがネットで誰でも調べられるようになったので、ネタ作りが大変になってしまって。情報を探すのは便利になったんですが、ネットに載ってない解釈をしないといけなくて、1人だと苦しかったですね。メルマガに移行してからはタナカさんにも参加していただいて、石垣さんともやり取りして、3人寄れば文殊の知恵で何とかなりまして。これが集合知なんだろうなと思いましたね。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 衝撃のちゃぶ台返し(新世紀黙示録MMR Resurrection 32、33ページ)

タナカ 私が所属してる部署にアマテラスのチームがやってきたので、「MMR」やれよと言われて、2人でやることになってね。

―― 目に見えない糸で「MMR」メンバーが結ばれてますね

タナカ 漫画に出てないけど他にも関わった人たちはたくさんいますね。「MMR」好きの人たちは今でも結構いて、しっかりとバックアップする体制はできています。

―― メルマガで漫画連載する方式はあまり前例がないですよね。

タナカ 週マガから単行本を出してもらえる確約が取れたのは良かったんですが、1年間で単行本として成立するページ数を作らなきゃいけない。でも、発表する媒体がないじゃないですか。他の雑誌に持っていくわけにもいかないというとき、前の部長から「メルマガやらないか」と言われて。有料にして漫画を毎週載せて、石垣さんにも原稿料が入りますよ、とお願いして。さらに無料で読める分にはテキストで裏話を書いて……という形で続けながら、なんとか単行本にできるページ数が溜まったんです。

―― 3月17日に最新刊の「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」が出ますが、今後の展開はあるんでしょうか?

タナカ 「MMR」メンバーはみんなバラバラの部署にいるので一緒に出動するのは厳しいんですが、つい最近CIAが内部文書を公開しましたし、そこからスゴいものが出てきたりしたら、それをネタにして作るかもしれないですね。

―― 大事件が起きたらMMRが動くであろうと。

タナカ でも1回きりでちょっと復活しますよ

―― な、なんだってー!!

イケダ どこでとはまだ言えませんが、1回だけ復活しますね。今回の単行本の売れ行きが良ければ、タナカさんは続きを作る気マンマンです。

―― 新生「MMR」が人類滅亡の危機を次々と暴き続ける日を楽しみにしてます!


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 地球に滅亡の危機が訪れるかぎり、MMRの戦いは続く……

おまけ編に続きます)※3月12日掲載予定



(C)石垣ゆうき/講談社


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響