「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)(4/4 ページ)

» 2016年03月11日 10時00分 公開
前のページへ 1|2|3|4       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ギャグのつもりは全くなかった

―― 今では「なんだってー!」のアスキーアートがネットで使われたりしてますが、当時から「笑い」は意識してましたか?

タナカ いや、まったくないです。「なんだってー! という漫画ですか?」みたいな反応を聞いて、そこが受けてるんだ、じゃあ漫画でもどんどんやっていこう、というのはありましたね。でも、ギャグとして発信したつもりはなかった。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー おなじみ「な、なんだってー!」のAA

イケダ どちらかと言うとドキュメンタリーを意識していて、笑わせてやろうって感覚は全然ないんですけど、そう捉える読者もいるんだなと。「男の友情を描いたのにボーイズラブと受け取られる」のはよくあることですし、逆にそれを意識した匂いがあると避けられますよね。

―― 大真面目な作りだから面白いと。「話は聞かせてもらったぞ!」も別にギャグじゃなくて、話をスピーディーに展開させるためですよね。

イケダ ものづくりの醍醐味なんでしょうね、予想もしない形で波及していくという。当時のアンケートでは、大学受験を控えた年ごろの子がビビッドに反応してましたね。大人ならギャグに見えるけど、子どもだと真面目に怖がられる。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー こちらもよく使われる「話は聞かせてもらったぞ! 人類は滅亡する!」

―― 読者が歳を重ねるに連れて、楽しみ方も変わる漫画ですよね。

イケダ それは僕らも一緒でしたね。水曜スペシャルや木曜スペシャルにしても、今思うと馬鹿馬鹿しい話だけど、子どものころは本当に怖がってたし。本当に火星人や地底人がいるんだと思ってましたから。



「MMR」1回きりの復活予告!?

―― アマテラスで「MMR」が復活したのは、どういう経緯だったんですか?

トマル もともと「MMR」は読者とコミュニケーションを取っていた漫画ですし、アマテラスにもユーザーと交流できる企画があるといいよね、と講談社の社内でタイトルが上がって。ちょうど僕がいるから「MMR復活編」を作るのがいいんじゃないの、というのが始まりだったんです。それでキバヤシさんにもご協力していただいたんですが、正直言ってマンパワーが足りなかったので、うまく回らなかったのが反省点ですね。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 「MMR復活編」は当初トマルさんがたった1人で担当していた

―― とてもそうは思えない、絶好調の滑り出しでしたね。

トマル やっぱり漫画を作るのは楽しい、でも僕1人になってしまってどうしようと。それで、キバヤシさんに「ノストラダムスの話は(連載終了と世界滅亡予定の)99年一杯まで使いきってます。じゃあ何の謎を解けばいいんでしょう?」と相談したんですよ。そのとき、キバヤシさんはあくまでノストラダムスでいこうと。「ノストラダムスは1999年に世界が滅びるとは言っていない!!」とちゃぶ台返しの発言をされて、まさに「なんだってー!!」ですよ。

―― 「1999年こそ真の恐怖のタネが生まれた年だったんだよ!」とキバヤシさん本人が言うなら、まぁしょうがないですよね(笑)。

トマル でも2010年代になると、我々が90年代に独自に調べていたことがネットで誰でも調べられるようになったので、ネタ作りが大変になってしまって。情報を探すのは便利になったんですが、ネットに載ってない解釈をしないといけなくて、1人だと苦しかったですね。メルマガに移行してからはタナカさんにも参加していただいて、石垣さんともやり取りして、3人寄れば文殊の知恵で何とかなりまして。これが集合知なんだろうなと思いましたね。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 衝撃のちゃぶ台返し(新世紀黙示録MMR Resurrection 32、33ページ)

タナカ 私が所属してる部署にアマテラスのチームがやってきたので、「MMR」やれよと言われて、2人でやることになってね。

―― 目に見えない糸で「MMR」メンバーが結ばれてますね

タナカ 漫画に出てないけど他にも関わった人たちはたくさんいますね。「MMR」好きの人たちは今でも結構いて、しっかりとバックアップする体制はできています。

―― メルマガで漫画連載する方式はあまり前例がないですよね。

タナカ 週マガから単行本を出してもらえる確約が取れたのは良かったんですが、1年間で単行本として成立するページ数を作らなきゃいけない。でも、発表する媒体がないじゃないですか。他の雑誌に持っていくわけにもいかないというとき、前の部長から「メルマガやらないか」と言われて。有料にして漫画を毎週載せて、石垣さんにも原稿料が入りますよ、とお願いして。さらに無料で読める分にはテキストで裏話を書いて……という形で続けながら、なんとか単行本にできるページ数が溜まったんです。

―― 3月17日に最新刊の「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」が出ますが、今後の展開はあるんでしょうか?

タナカ 「MMR」メンバーはみんなバラバラの部署にいるので一緒に出動するのは厳しいんですが、つい最近CIAが内部文書を公開しましたし、そこからスゴいものが出てきたりしたら、それをネタにして作るかもしれないですね。

―― 大事件が起きたらMMRが動くであろうと。

タナカ でも1回きりでちょっと復活しますよ

―― な、なんだってー!!

イケダ どこでとはまだ言えませんが、1回だけ復活しますね。今回の単行本の売れ行きが良ければ、タナカさんは続きを作る気マンマンです。

―― 新生「MMR」が人類滅亡の危機を次々と暴き続ける日を楽しみにしてます!


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 地球に滅亡の危機が訪れるかぎり、MMRの戦いは続く……

おまけ編に続きます)※3月12日掲載予定



(C)石垣ゆうき/講談社


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」