ニュース
» 2016年04月13日 20時22分 公開

Twitterで「面白い邦画あげてけ」タグが加熱! 新旧面白そうなオススメ邦画が集結中

ゴールデンウィーク中に見まくりましょうか。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 Twitterで「#面白い邦画あげてけ」というタグが盛り上がり、さまざまな人たちがオススメの邦画を紹介しています。

「#面白い邦画あげてけ」 Twitter「#面白い邦画あげてけ」検索結果

 4月8日、「ぴあ映画生活」に、アメリカの出版社マーベル・コミックのC.B.セブルスキーさんが日本映画界の問題点を指摘した記事が掲載されると、ネットを中心に邦画に関する議論が勃発(ぼっぱつ)しました。今回のハッシュタグは、その流れで生み出されたものと思われます。

 本当に邦画は「つまらなくなっている」のか、「昔の邦画は面白かった」のか、はたまた「今も面白い邦画はある」のか、そんな議論が今も尽きません。しかし、邦画がつまらなくなったと嘆くより、面白い邦画を探した方がいいじゃない! そんなわけで、タグで取り上げられているものの中から一部を紹介していきます。気になった作品は、ゴールデンウィーク中に鑑賞するのもいいかもしれません。

「ジャズ大名」(1986年)

「ジャズ大名(1986年)」 「ジャズ大名」(1986年)(画像はAmazonより)

 原作は筒井康隆さんの小説。幕末の日本に漂着した外国人たちが駿河にジャズを伝来、音楽好きの藩主を巻き込んで一大ジャム・セッション騒動を繰り広げていくというコメディ作品。あらすじだけ聞くと全く意味が分りませんが、なんだかすごく気になります……!

「シャブ極道」(1996年)

 「シャブ極道」は役所広司さん主演の映画で、主人公は覚せい剤をこの世で至高の物と信仰する極道。酒は一滴も飲まないがとにかく覚せい剤を愛し、「シャブスイカ」や「シャブしゃぶしゃぶ」といったトンデモ料理まで繰り出します。しかしその結果「覚せい剤撲滅」を目指す暴力団・松田組と対立。あまりの覚せい剤描写の多さから映倫により成人指定になっている作品です。

「キサラギ」(2007年)

 「キサラギ」は佐藤祐市さん監督、古沢良太さん脚本によるミステリー映画。自殺したマイナーアイドルの一周忌を弔うべく集まったファンサイトの面々が、それぞれの持つ情報から彼女の死の真相を明らかにしていくという密室推理劇です。

「南極料理人」(2009年)

 原作は海上保安官出身である西村淳さんのエッセイ「面白南極料理人」。堺雅人さんが演じる主人公は南極観測隊員の料理人で、外界から隔離されて越冬する8人の観測隊員の食欲を満たすべく、限られた食材で飽きられないさまざまな料理を作っていきます。

「十三人の刺客」(2010年)

 1963年の映画「十三人の刺客」を三池崇史監督がリメイクした作品。原作映画の時代の熱を表現するという目標の下、極力CGを使わずにアクションシーンを撮影。役者それぞれの殺陣やアクションが高く評価され、敵役を演じた稲垣吾郎さんの怪演も好評でした。ちなみに描写がグロすぎたためにPG12指定。

「スーパーの女」(1996年)

 「スーパーの女」は伊丹十三さん脚本・監督による「〜の女」シリーズの作品。スーパーマーケット大好きの主婦が、幼馴染の経営するスーパー「正直屋」を建て直し、ライバル店の悪徳スーパー「安売り大魔王」と戦うという軽くぶっ飛んだ内容の物語です。また、当時まだ認識の少なかった「食の安全・食品偽装」というテーマを先んじて取り上げた作品でもあります。

「デンデラ」(2011年)&「楢山節考」(1983年)

 「デンデラ」は「姥捨て山伝説」を基にした佐藤友哉さんの小説を原作としたパニック映画。50人の捨てられた老婆たちが、自分たちを捨てた村に復讐を仕掛けるといった内容で、とにかくババアが強くてカッコイイ作品です。監督は天願大介さん。「楢山節考」(1983年)は、天願大介さんの父・今村昌平さんが監督・脚本を務めた作品で、こちらも「姥捨て山伝説」を基にしています。

「砂の女」(1964年)

 安部公房の同名長編小説を映画化したもの、脚本も安部公房本人が手掛けています。昆虫採集にやってきた男が、女が住む砂丘に閉じ込められてしまい、さまざまな方法で脱出を試みるが……というストーリー。抜け出すことのできない無力な状況におかれた人間がどうなっていくのか。その状況で映し出される男と女の本質とは……。

その他「#面白い邦画あげてけ」タグにはこんな映画も上がっています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい