ニュース
» 2016年04月15日 06時00分 公開

ニラだと思ってスイセンを誤食......消費者庁が有毒植物による食中毒の注意喚起

4月、5月は特に注意が必要。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 消費者庁が有毒植物による食中毒の注意を呼びかけています。



 注意喚起の中で、見た目が似ている食用植物と有毒植物の例が真付きで紹介されており、ニラとスイセン、ギョウジャニンニクとイヌサフラン(コルチカム)は確かに見た目がそっくりです。過去には自宅に生えていたイヌサフランを誤食し死亡する事例も発生しています。


スイセンとニラ間違えないで ニラ(左)とスイセン(右)

 有毒植物を誤食し食中毒になってしまう事故は毎年起こっており、新芽などで見分けがつきにくくなる4月、5月に多く発生しています。消費者庁がおこなったアンケート調査では、「家庭菜園や庭などに植えた植物または自然に生えた植物を食べたことがある」と答えた人のうち約4割が植物による食中毒で死亡する場合があることを知らないことが明らかになりました。消費者庁は食べられるか自信がないものは食べないこと、家庭菜園では観賞用植物と食用植物を分けて植えることなどを呼びかけています。


消費者庁が有毒植物の誤食を注意喚起 ギョウジャニンニク(左)とイヌサフラン(右)

 厚生労働省「自然毒のリスクプロファイル」によればニラとスイセンの区別は臭いをかぐことで分かるようですが、判別できない場合は食べないようにしましょう。また、スイセンの鱗茎も玉ねぎと間違えやすいので注意が必要です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」