ニュース
» 2016年04月25日 18時00分 公開

シリーズ最終作「バイオハザードVI:ザ・ファイナル」、日本で世界最速公開決定!

公開は2016年12月23日。これが、最後。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 映画「バイオハザード」シリーズ最終作となる「バイオハザードVI:ザ・ファイナル」が、2017年1月27日の全米公開に先駆け、2016年12月23日から日本で世界最速公開されることが決定しました。

バイオハザードV:リトリビューション これが、最後(画像は「バイオハザードV:リトリビューション」)

 同作は、日本発の大人気ホラーゲームシリーズから生まれ、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスと、世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との戦いを描いたアクション超大作シリーズ。2002年に第1作が公開、第5作目となる「バイオハザードV リトリビューション」が2012年に公開されていました。


 シリーズ最終作ということで、宿敵アンブレラ社との最終決戦に臨むアリスのアクションシーンはもちろん、これまで消化し切れていない謎の解明と、人類の運命にも何らかの結末が期待されるところ。「バイオハザードIII」「バイオハザードIV:アフターライフ」でクレア・レッドフィールド役を演じたアリ・ラーターが同作でカムバックすることが明かされています。

ローラ演じる女戦士コバルト ローラ演じる女戦士コバルト


 また、同作にはタレントでモデルのローラさんも出演することでも話題に。ハリウッドデビューを果たす彼女が演じるのは、アリスとともに戦う女戦士コバルト役で、撮影の様子をInstagramなどに投稿しています。

 なお、同シリーズとは別に、「バイオハザード」の新作CG映画が2017年に公開予定。こちらは「バイオハザード ディジェネレーション」「バイオハザード ダムネーション」の系譜で、エグゼクティブ・プロデューサーを「呪怨」シリーズなどで知られる清水崇氏、監督を実写「機動警察パトレイバー」シリーズの辻本貴則氏が担当することが発表されています(関連記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」