ニュース
» 2016年04月27日 20時36分 公開

四角形を動かすだけでオリンピックからパラリンピックへ 東京五輪のエンブレムの秘密に驚きの声があがる

こんなに考えられていたとは。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 4月25日に決定した2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム「組市松紋」を、数学的に分析するツイートが注目を集めている。その設計の緻密さに、デザインの完成度をあらためて見直す声もあがっているようだ。

 「組市松紋」は、数学的なアプローチから無数の文様を作り続けるデザイナーの野老朝雄さん(47歳)が制作。紺一色の3種類の四角形を45枚組み合わせ、オリンピックとパラリンピック、それぞれ異なる市松模様の輪をデザインした。「多様性と調和」のメッセージを込め、同大会が国や文化・思想など違いを認め合い、つながる世界を目指す場であることを表現しているという。

 Twitterユーザーの@mocho_twさんは両エンブレムを比較したところ、どちらも四角形の数が同じであるだけでなく、内側の円の半径も等しいことに気づいた。さらには双方の違いは四角形の配置だけで、どちらも3種類の四角形を同じ枚数・角度・大きさで使っていることも発見。「本当によくできたエンブレム」と感心した


エンブレム1エンブレム2 四角形を移動すると……


エンブレム3エンブレム4 オリンピックからパラリンピックへ

 野老さんは25日の記者発表会で、「一つ一つのピースを数えると45枚。五輪もパラリンもおんなじピースを組み立てていくというのはずっと考えてきたことです」と語った。両エンブレムの四角形の数が一緒なのは「パラリンピックにもある平等の精神を意識した」とのこと。45枚という数字については「数の摂理の問題」「あまり意図はありません」と言っていたところから、幾何学的なアプローチで挑んでいたことが分かる。

 建築家・プロダクトデザイナーの山中祐一郎さんはFacebookで、本来のエンブレムが持つべき意味と可能性という視点から、野老さんのエンブレムの决定について「本当に良かった」と述べている。

 山中さんは1968年のメキシコ大会、1972年のミュンヘン大会の成功事例を挙げながら、エンブレムから拡張されるデザインシステムは、「小さなグラフィックやタイポグラフィに始まり、広告などのビジュアルイメージに展開し、動画になり、立体化、空間化され、風景を構成する基本要素に至るまで、総合的アイデンティティーとして展開可能なもの」だと説明する。

 2020年東京大会のエンブレムも大きなシステムの一部かつ象徴となるものであるべきだとし、デザインにそのシステムを構想しているのが野老さんの案だったと振り返る。「彼は元来建築家でもある。立体化、空間化しランドスケープができる時にこそ、エンブレムに潜んだシステムが可視化されるだろう」と、今回のエンブレムからさまざまな展望を示唆した。

 野老さんは記者会見で、今回のエンブレムは平面にとどまらず立体化な展示も視野に入れているとも語っていた。選ばれたことに「とても長く時間をかけて作図した。我が子のような作品」と喜びを述べていたが、その言葉の裏側にあるデザインの意図は、今後の展開でさらに明らかになるのかもしれない。


エンブレム 2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム

追記

 Twitterユーザーの@ibuki7さんは、エンブレム全体が12角形の集まりとして捉えられると分析。25枚の四角形はそれぞれ12角形の頂点を結んで作ったものだと推測している。

エンブレムエンブレムエンブレム @ibuki7さんより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」