ニュース
» 2016年04月29日 15時49分 公開

セガをかたるTwitterアカウントが偽のプレゼント当選DMを配信 公式アカウントが注意を喚起

発信元にTwitter公認バッジがあるか確認を。

[ねとらぼ]

 セガが公式Twitterにて、同社をかたる、なりすましアカウントの存在を報告。注意を呼びかけています

 同ツイートは、「当アカウントのなりすましアカウントより偽のプレゼント当選DMが送られる事例報告がありました」と記述。編集部の調査では特定にまで至ってはいませんが、同名ながら一切のツイートをしていないなど、まぎらわしいアカウントが散見されました。

 同社は「当アカウントのIDは『SEGA_OFFICIAL』です。Twitter社認証マークをご確認ください」と、真贋の識別方法を提示。また、公式サイトには、公式のSNSアカウント一覧ページも設けています。


認証マーク Twitter公認マーク(画像はセガ公式Twitterアカウントより)

公式SNS一覧 セガ公式サイトの、SNSアカウント一覧

 本件に限らず、Twitterにおけるなりすましには多くの前例があります。直近では、ヤマト運輸をかたり、熊本地震への支援を呼びかけた事例が記憶に新しいところ。2015年には、虚偽投稿によるデマの拡散が裁判で審議されたケースもあります。

 タニタの例にもあるように、公式アカウントであることを示す認証バッジは、あらゆる企業や有名人に付与されているものではありません。情報の真贋を判断するには、当該アカウントが関連企業や関係者と連携しているか、きちんとした公的発言が蓄積されているかといった観点から考える必要があります。

 「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」とは、元2ちゃんねる管理人、西村博之さんの名言。不審な情報や連絡を受けた際は、発信元が普段見ている公式アカウントか否か、よく吟味したうえで対応するべきでしょう。

関連キーワード

Twitter | セガ | なりすまし | 認証


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響