ニュース
» 2016年05月25日 16時00分 公開

世界的シンセサイザー奏者・冨田勲さんの「お別れの会」開催へ

「冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」の上演も決定しています。

[結城くすり,ねとらぼ]

 作曲家・シンセサイザー奏者の冨田勲さんが亡くなったことをしのんで、東京都青山葬儀所で「お別れの会」が催される。日時は6月15日14時からで、13時から受付が開始される。

冨田勲さん 冨田勲さん(photo by Yashuhiro Ohara)

 富田さんは数々のテレビ番組や映画、虫プロダクション関連のアニメーションなど多くの作品で音楽を担当。また、1970年代からシンセサイザーをいち早く本格導入した電子音楽の草分け的存在としても知られている。1974年には日本人として初めてグラミー賞にノミネートされ、世界的に知名度を高めた。

冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』 冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』(画像は公式サイトより

 近年では、初音ミクを起用した「イーハトーヴ交響曲」の世界初演が行われ、大きな話題となった。また、逝去の直前まで新作「ドクター・コッペリウス」の制作を行っていたが、逝去により急きょ企画趣旨が再検討され、本人の遺志、遺族の意向を踏まえた上でタイトルを「冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」に変更し、予定通り上演が行われることになった。上演は11月11日、12日。

関連キーワード

シンセサイザー | 初音ミク | 追悼 | 作曲 | 訃報


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む