ニュース
» 2016年06月06日 15時05分 公開

童貞を殺す服=脱がせにくい服? 書籍「童貞を殺す服の描き方」の定義がネット上で物議に

いろいろな解釈があるもよう。

[たろちん,ねとらぼ]

 以前ネット上で大きな話題になった「童貞を殺す服」(関連記事)。一迅社が7月27日に発売予定の書籍「童貞を殺す服の描き方 (仮)」をきっかけに、そもそも「童貞を殺す服」とは何を指すのかについてネット上で物議を醸しています。

童貞を殺す服 ニッチな描き方シリーズ「童貞を殺す服の描き方 (仮) 」

 一迅社の定義では、童貞を殺す服とは「経験の少ない男性が服の構造を把握しづらく、特定状況下において脱衣に困難を極めるため、羞恥に耐えきれず死を覚悟する服」のこと。要するにいざという場面で脱がせ方が分からないから死んでしまう、という解釈ですが、ネット上では単純に「見た目が愛らしすぎて萌え死んでしまう」という意味ではないかという指摘も出ていました。

童貞を殺す服 童貞を殺す服(Google画像検索結果より)

 もともとはフリフリ付きの白いブラウスやコルセット付きのハイウエストスカートなど、清純そうなイメージの服装を「童貞を殺す服」と表現した面白さからTwitterで拡散されたもの。キャッチーなネーミングからすぐにハッシュタグ化され、それぞれが思い思いの「童貞を殺す服」を披露して盛り上がっていき、その流れで解釈についてもさまざまなものが生まれていったようです。

 ネット上でも「童貞を殺す服」の定義については諸説あり、「(チェリーボーイを)虎視眈々と狙うあざとい服」など肉食系女子的な解釈もあるもよう。ブラウスやスカートなど想定する服装の傾向については共通認識ができていますが、明確な定義付けはされていないというのが現状のようです。また、「童貞絵師には構造が分からなくて描けないから(童貞がバレて)死んでしまう」という見方もあり、同書のコンセプト的にはこの解釈が近いと言えそうです。

たろちん

関連キーワード

書籍 | 服装 | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む