ニュース
» 2016年06月09日 14時10分 公開

アニメ「時をかける少女」公開から10年 東京国立博物館前で2年ぶりに野外上映が決定

作中の舞台になった博物館で「時かけ」ワールドに浸れるイベント。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 細田守監督の劇場アニメ「時をかける少女」が公開されてから2016年で10年になるのを記念し、「時をかける少女×東京国立博物館」と題した3つのイベントが東京国立博物館で開催されることになりました。

 7月15日、16日19時からは、作品の舞台となった博物館本館前での野外シネマ上映を実施。2014年10月に上映された際には(関連記事)、2日間でおよそ8600人を動員した人気企画で、今回も「時かけ」の世界観に思う存分浸れるイベントになりそう。観覧には、東京国立博物館の入館料が必要(限定グッズ付きの事前チケットも販売予定)。

細田守監督の「時をかける少女」公開10周年イベントが国立博物館で開催 アニメ「時かけ」公開から10周年、ゆかりの国立博物館でイベント開催
「時かけ」劇中に登場する東京国立博物館のシーン 劇中に登場する国立博物館のシーン

 イベント初日には、上映前に細田監督と東京国立博物館の松嶋雅人・平常展調整室長によるトークセッションを予定。松嶋さんは劇中で描かれている「アノニマスー逸名の名画ー」展の企画監修を手掛けた人物ということもあり、「時かけ」にまつわる貴重な話が聞けそうです。

アニメと実際の館内との比較 アニメ作画と実際の館内との比較

 2日目には、「時かけ」に欠かすことのできないスペシャルゲストによる特別イベントが予定されているとのこと。東京国立博物館前の正門プラザでは7月12日〜7月31日の期間、「時かけ」の公式グッズや限定グッズなどが販売されます(無料スペースのため入館料は不要)。

 また、博物館内では「『時をかける少女』と東京国立博物館」と題し、松嶋室長キュレーションによるスペシャル展示が、7月12日から7月31日まで開催されます。

これまでに行われた東京国立博物館前での野外シネマの様子 これまでに行われた博物館前での野外シネマの様子

(C)「時をかける少女」製作委員会2006

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」