ニュース
» 2016年06月13日 09時00分 公開

あれも大根、これも大根、大根だらけの「大根づくし縁結び定食」とは?

デザートも大根で作られています。

[茂木宏美/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 毎日祭りのようなにぎわいを見せている東京の浅草は、浅草寺をはじめ数々の寺社仏閣が立ち並んでいます。歩いているだけでもご利益に恵まれてしまいそう。そんな霊験あらたかなこの街に、縁起のいいメニューを名物にした新しいカフェがオープンしました。

 浅草駅から徒歩10分、夫婦和合や願望成就で有名な「本龍院 待乳山聖天(まつちやましょうてん)」の目の前にできた「ごはん×カフェ madei(までい)」。強力なパワースポットの眼前に今年3月26日に開店した新しいお店です。


画像 聖天さまの真ん前にある

 一見、老舗の日本茶や和菓子店がリニューアルしたのかと思える外観ですが、中に入れば心を無にしてくつろげそうな雰囲気が印象的です。


画像 木のテーブル席4人掛け、2人掛けが並びます

 席について、前方の黒板を見ると、あるメニューが目にとまりました。「大根づくしの縁結び定食」。そう、こちらは待乳山聖天のシンボルのひとつである大根を使った定食が話題なのです。しかも「縁結び」なんて、ちょっとうれしい。


画像 「大根づくしの縁結び定食」以外にも数種類の献立を用意

 「大根づくしの縁結び定食」を頼み、どんな料理が運ばれてくるか期待しながら待つ間、店内を一周。すると、奥には小上がりが。なかなか“味”のあるちゃぶ台が置かれています。こじんまりとした“昔の家の居間”っぽい座席に座ってみたいと思うのは筆者だけではないでしょう。


画像 店主の祖母の愛用品だったちゃぶ台

 壁ぎわはベンチシートでひと続き。さまざまな柄の座布団と木の風合いが、妙にマッチしています。


画像 和テイストのカバーで作ったオリジナル座布団

 そうこうしているうちに「大根づくしの縁結び定食」が運ばれてきました! 香りがい〜ぃぃぃ。献立は、大根の炊き込み御飯、大根のみぞれ汁、大根と豚バラの炊き合わせです。


画像 「大根づくしの縁結び定食」は平日と休日で多少内容が変化します

 まずはメインの大根をいただきましょう。サクッと切れ、薄味なのにしっかりとした味。味の主張が強くなく薄めの味つけなのに、ダシの味がしっかりと味わえます。さらにお好みで青柚子を絞ると、酸味で爽やかな風味がプラスされ、箸がいっそう進みます。


画像 塩で炊いた夏向けの味

 大根づくしというからには、小皿も大根。皮の部分を使っており、大根特有の辛みをほのかに感じられる漬物でした。


画像 大根の皮のたまり醤油漬け

 ご飯ももっちりとした食感で天然の甘みが口の中でフワッと広がります。ダシを吸った大根がミックスされ、何杯もおかわりできそう! 大根おろしが入ったみぞれ汁とも相性良くて大満足でした。


画像 グリーンが乗って、色合いもキレイ

 ちなみにご飯は土鍋で炊いているそう。店主は「実は、うちの自慢はご飯なんです。だから店名にもね」と満面の笑みで話してくれました。なるほど、「ごはん×カフェ」で納得です。


画像 土鍋で炊くとご飯を冷凍してもおいしさが持続するという

 このほか別メニューにも、大根を必ず入れているとのこと。紅芯大根やカイワレ大根なども使い、料理の中にさりげなく大根を使っているんだとか。どこに大根があるか、探すのも楽しみになりそうです。

 さて、定食を平らげたので、次なるメニューはデザートだ! と思っていると、それを察した店主が「うちには2つの看板スイーツがあるんです」とニッコリ。

 最初に登場したのは「はちみつ大根アイス」。大根おろしを甘く煮て、牛乳や生クリームを混ぜてシャーベット状にしたもの。サッパリとした、ほのかな甘みにとろけそう。「大根にちなんだ甘味は作れるのかと思っていたけど、できちゃうもんですね」と店主。しゃりしゃりの食感で、かき氷とアイスのダブルのおいしさを味わっている感じです。


画像 「はちみつ大根アイス」の蜂蜜は、中に練りこまれ、表面にもかかる

 続いては、「madiあんみつ」。上品な甘みがたまらない手作り粒あんに、天草から煮出した寒天、その下には甘くない豆乳かんでバランスをとった和スイーツです。あんみつのイメージが変わった! そんな気持ちにさせる逸品でした。


画像 素朴な中に品のよさを感じる「madiあんみつ」

 この店の料理はどれも手作りで、天然素材がカラダに染み入るような味わいが印象的。「どちらかというと渋めの献立が多く、奇をてらったものはないのですが、ダシに力を入れているので、それぞれの料理を味わっていただけると思います」と話す店主は、栄養士の資格を保有しています。栄養バランスもばっちりな献立というわけですね。


画像 朗らかな表情がステキな店主の礒菜穂子さん

 ちなみに店名の「madei(までい)」とは、店主の地元福島県の方言で「手間ひまかけて丁寧に」という意味。「おばあちゃんがよく言っていた言葉なんです。この言葉に忠実に行動していたら、どこまでも手作りになってしまいました(笑)」。


画像 座布団のカバーと同じ柄のメニューブック

 爽やかな風が吹き、木々の緑が揺れる――、そんな光景を見ながら、ホッとひと息つける場所「ごはん×カフェ madei(までい)」。浅草観光の小休止は、隅田川のほとりでゆるりとするのもいいですが、ここに立ち寄り、「食」と「空間」から栄養をいただきたいものです。

(茂木宏美/LOCOMO&COMO)


関連キーワード

カフェ | 料理 | 手作り | 縁起


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  6. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  7. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  8. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声