ニュース
» 2016年06月27日 11時54分 公開

「こち亀」7m超の絵巻物を神田明神に永年奉納へ 担当「歴史的事業であり、歴史的事件」

連載40周年を迎える「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。作中に頻出していた神田明神に、秋本治さん描き下ろしの絵巻物を神宝として奉納することに。

[ねとらぼ]

 漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年を記念して、作者の秋本治さんが描き下ろす7メートル超えの絵巻物が、今秋に神田明神(東京都千代田区)へ神宝として永年奉納されることが発表されました。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 6月27日発売の週刊少年ジャンプで発表 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社、(C)「週刊少年ジャンプ」2016年30号/集英社

 同作に神田明神が度々登場することから、両者の関係性をより深めるコラボ企画として実施。奉納された絵巻は神宝として永遠に保存されます。9月14日〜26日に日本橋タカシマヤで開催される「こち亀展」でも展示される予定。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 「こち亀展」公式サイト

 奉納について神田明神の岸川雅範さんは、「神田明神は今から約1300年前に創建され、縁結び、商売繁盛勝負運の神さまを祀る神社で、東京の守り神として有名です。(中略)このたびの秋本治先生の絵巻のご奉納は、神田明神と江戸東京にとって歴史上、重要な出来事の一つになると思います」とその価値を説明。同作の担当編集者である山中陽さんは「これは歴史的事業であり、歴史的事件でもあります。過酷な週刊連載をこなしながら、7メートルを超える彩色描きおろし絵巻の制作。未来永劫、秋本先生以外では成し得ない絵巻になるでしょう」とコメントしました。

 企画は6月27日発売の「週刊少年ジャンプ」30号で発表。秋本さんが和紙にガラスペンや筆ペンを使ってキャラを描くなど、絵巻物の制作風景が写真で紹介されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響