ニュース
» 2016年06月30日 21時31分 公開

“スプラトゥーンそのもの”な対戦ゲームが中国でリリース その名も「暴走落書き」

完全にアウトじゃなイカ。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON


スプラトゥーンそっくり

 昨年の大ヒットタイトルのひとつである「スプラトゥーン」。昨年末には無料アップデートの終了が示唆されたものの、「ブキチセレクション」を配信するなど依然として精力的なアップデートを続けており、その人気は衰えを見せない。大きなヒットを記録したタイトルなだけに、インスパイアを受けたタイトルが現れることは予想されていたが、“「スプラトゥーン」そのもの”なゲームが中国でリリースされた。

 6月29日から9gameで配信されている「暴走塗鴉」は、プレイヤーがイカに変身したりインクを塗ったり、どこかで見たことがある対戦対戦ゲームだ。タイトルにある「暴走」は日本語と同様のニュアンスであり、「塗鴉」は落書きやグラフティといった意味を持つ。Androidのみを対象としたモバイル向けタイトルとなっており、遊ぶためには9gameの会員登録が必要となる。



 気になるゲームの正体は、平たく言えば「スプラトゥーン」の内部データをそのまま抜き取って流用したことが予想される、クローンですらないタイトルとなっている。キャラクターやグラフィック、音楽、マップ構造など、すべて見覚え聞き覚えのあるものだ。しかし、モバイル向けにリリースされているのが原因か、インクにかんする演出は飛び散る気持ちよさや質感などは全く再現できておらずのっぺりとしている。またスマートフォンの仮想スティックとタップを基本操作としており、操作感の劣悪さは否めない。加えて映像からは、通信環境が整っておらずうまくキャラクターの動きが同期されてないことが読み取れる。

 先日、弊誌(AUTOMATON)では「Overwatch」のあからさまなコピータイトルの存在を報じたが、今回のケースは素材をそのまま使っているという“より悪質なケース”とみられる。9gameは中国のモバイルゲームの大手であり、これまでにも「ポケットモンスター」を強く思い起こさせる「口袋妖怪復刻」や、同ブランドのキャラクターをおそらく無断で使用している「口袋妖怪3DS」などがポータルサイトで配信されている。



 中国でのこういったライセンス問題は今に始まったことではないが、スマートフォンのスペックが上がるにつれて、ライセンスのみならずコンソール機の内部データをそのまま使用しリリースするケースが生まれるなど事態は悪化している印象を受ける。今回の9gameからではないが、近日中には「大乱闘スマッシュブラザーズ」のロゴをそのまま使用している「口袋全明星」のリリースがされるなど、この傾向はしばらく続くかもしれない。


関連記事

関連キーワード

ゲーム | スプラトゥーン | 中国 | Android


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」