ニュース
» 2016年07月05日 21時31分 公開

「サランラップに書けるペン」が全6色で登場 イラストやメッセージがきれいに描けて加熱もOK

「パパへ あたためてからたべてね」。

[宮原れい,ねとらぼ]

 サランラップに直接イラストやメッセージを描くためのペンが登場しました。商品名はそのまま「サランラップに書けるペン」。赤・青・黒・緑・黄・白の全6色で、透けずにきれいに描ける特別なインクとなっています。


サランラップに書けるペン 意外と使う場面多そう……!(公式サイトより)

 嫌なニオイがない“水性インク”を使用しているのにもかかわらず、はじかれることなく描けて、一度乾くと水に濡れてもインクが落ちないという特徴を持っています。電子レンジで加熱してもその絵や文字が変わらず、溶けたりすることがないのもポイント。

 食品に近い商品ということで安全性にも配慮。誤ってインクを口に入れてしまった場合でも、有害な影響を与える恐れがないインクを使用しているということです。ただし食用ではないので、食品に付かないよう避ける必要があります。

 公式サイトでは使用例として、サランラップにクマのイラストと共に「おかえり チンしてね!」のメッセージや、食パンを包んだラップにフレンチトーストのレシピが書かれたものなどを紹介。また、SNSでも「#サランラップに書けるペン」でのシェア作品が見られます。アイデア次第でいろいろと使えそう……!


サランラップに書けるペン おにぎりに顔を描くだけでもかわいい(公式サイトより)




 「サランラップに書けるペン」は6色セットで価格が980円(税別)。こちらは2016年7月5日からAmazonLOHACOなどのウェブサイトで先行販売され、8月20日から全国販売となります。以降は赤・青・黒の3色セットと、緑・黄・白の3色セット(どちらも540円・税別)も発売されます。



(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」