ニュース
» 2016年07月25日 16時59分 公開

ポケモンにも自由を! 動物愛護団体PETAが「ポケモンGO」に抗議

ポケモンGOを機会に動物愛護について考えてほしいと主張しているものの、かたよった表現手法から、「実在の動物に目を向けるべき」といった批判を受けています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 動物愛護団体PETAが公式ブログで、ロサンゼルスのオフィスを「ポケモンの安全地帯」としたことを発表。「ポケモンを捕獲することは、動物を自然から連れ出し、動物園やサーカスに入れることと大差ない」と、「ポケモンGO」に抗議しています。


公式ブログ PETAの公式ブログより。オフィスの玄関に「ポケモンを捕まえるな」との掲示が

 ブログには「架空の動物を捕まえる情熱が、現実で危険にさらされている動物の解放に向けられたら素晴らしいことだ」と記載。ポケモンGOを機会に動物保護について考えてほしいという主旨が述べられています。

 しかしオフィスまわりの掲示は、「ポケモンは家族と引き裂かれてモンスターボールの中へ」「対象がポケモンであれ監禁は悪事」「ポケモン(の解放を)ゲットだぜ」など、直情的にポケモンの保護をうったえるものばかり。真意が伝わるものとはいえず、むしろブームに便乗したパフォーマンスにも見えます。


掲示1 「ポケモンは家族と引き裂かれてモンスターボールの中へ」「ポケモンにも自由を得る権利がある」(画像はPETAのブログより)

掲示2 「対象がポケモンであれ監禁は悪事」(画像はPETAのブログより)

 同団体は「ポケモンGOと一緒に、PETAのポケモンパロディゲームもぜひ」といった主旨のツイートも投稿。かつて公開した、ポケモンを皮肉ったFLASHゲーム関連記事)を紹介し、「ポケモンは動物虐待」との主張をのぞかせています。


黒青 PETAによる、虐待されたポケモンが残酷なトレーナーを倒すゲーム。原作がポケモンや"命"に対して配慮している部分を完全に無視した内容(画像はPETA公式サイトより)

 PETAには、「冗談であってほしい」「実在の動物に目を向けるべき」「PETAはこのナンセンスなキャンペーンで自身を傷つけている」など、批判的なリプライが多数寄せられています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン