ニュース
» 2016年08月08日 17時39分 公開

「ふかそうちはいいぞ」 世界最速で全ポケモンを集めた“ポケモンマスター”に「ポケGO」の攻略法を聞いてきた

個別取材もさせてもらいました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 8月8日、世界最速(※)で「ポケモンGO」の全ポケモンを集めた米国人のニック・ジョンソンさんが来日し、記者会見を開催しました。通常のプレイで手に入れられる全145種のポケモンを世界旅行をしてまで集めたニック氏が語る、「ポケモンGO」プレイのコツとはいかに。

※公式記録ではないため、もっと早く全ポケモンを集めていた人がいた可能性もあります。

 ニックさんは、7月21日の時点で米国に登場する全142種のポケモンをゲット。その後地域限定ポケモンが存在することを知り、旅行やホテルのオンライン予約業者エクスペディアのスポンサーのもと世界中を旅行。7月31日にパリでヨーロッパ限定の「バリヤード」、8月3日に香港でアジア限定の「カモネギ」、8月5日にオーストラリアでオセアニア限定の「ガルーラ」をゲットし「ポケモンマスター」となりました。


ニック・ジョンソン ポケモン145種を集めたニック・ジョンソンさん

 そして今回、ポケットモンスター発祥の地である、日本で世界旅行を終えるために来日したということです。

記者会見開始

 記者会見では、「ポケモンのおかげで、普通ではなかなか行かないようなオシャレな場所などにも行けた。例えば、エッフェル塔の下の芝生で寝っ転がりながらポケモンを捕まえたり、シドニーのオペラハウスでポケモンを捕まえたり、日本では皇居付近でポケモンを捕まえている人たちの姿を見た」と世界旅行での体験と感想を語りました。特に、日本では親子連れや老人なども「ポケモンGO」をプレイしており、世界的に見ても幅広い層から支持されていると感じたそう。

 また、8月7日から横浜みなとみらいエリアで開催されている、「ピカチュウ大量発生チュウ!」(関連記事)にも訪れました。子どもの頃に家族と日本へ来たことがあったとのことで、昔と様子が変わっているところを見て回るのはとても楽しかったそう。

 今後「ポケモンGO」によって旅の在り方は変わっていくかという質問に対しては、はっきり「YES」と回答。人々がより積極的に旅に出て知らない街を探検してみようという気持ちになり、普通なら行かないようなところにも行くようになるのではないかと語りました。初めて行く場所でも「ポケモンGO」のコミュニティーができていることがあり、1人旅でも現地の人とすぐに触れ合えるのではないかとのことです。


公式スチル1公式スチル2 インタビューに応えています

 コミュニティーは、移動中の飛行機内でFacebookなどのSNSを使って先に探しておきます。コミュニティーがあるとポケモンを探しやすく、友達ができたこともあるそう。地域限定ポケモンを探しに行く場合は、覚えておいたほうがよさそうです。

 「ポケモンGO」を始めてからなにか変わった事はあるかという質問には、「体重が10ポンド(約4.5キロ)落ち、いろんな人に出会い友人ができた」と回答。また、一番苦労したポケモンは、地域限定の「バリヤード」と「ガルーラ」だったと語りました。

 今後追加されて欲しい機能については、プレイヤー同士が一体になれるようなアイテムや機能が欲しいそうです。例えば、相互に連絡を取れるようにすることで、伝説のポケモンを皆で協力して捕まえられるようになればいいと語りました。また、トレーディング機能も望んでいるとのこと。


質問 会場からの質問に答えるニックさん

 1日の平均プレイ時間は、約6〜8時間程度。会社勤務をしておりサボるわけにもいかないため、夕飯の後に恋人と歩き回っていました。達成間近になってからは、さらにもう少しプレイ時間を追加しました。世界にポケモンを取りに行くことについて、会社も宣伝になり利益につながるだろうということで応援してくれたそうです。

 また、「ポケモンGO」は米国のナイアンティックが開発をしていますが、米国では多くの人が「日本のゲームである」と認識しているそうです。今後は同作の効果で、日本の文化やゲーム・漫画などが、今まで以上に注目されるようになるのではないかと語りました。さらに、今回は日本に短い間しか滞在できなかったため、いずれもっと長い時間を取ってまた来たいとも。


フォトセッション 「ポケモンGO」で4.5キロ痩せたというニックさん

個別インタビュー

 さらに、今回は個別インタビューの時間をとってもらえました。ポケモンマスター直伝、ポケモン集めの攻略法です。


個別インタビュー 個別インタビューに答えてくれたニックさん

 まず、現在“足跡機能”が消え、「近くのポケモン」を見つけるのが難しくなってしまったことについて(関連記事)。ニックさんはこの“足跡機能”が使えていた時期からプレイしていたそうなのですが、やはり今は「近くのポケモン」にシルエットが表示されても見つけるのは困難になってしまったと語りました。しかし、同じデータを使っているナイアンティックの「Ingress」がヒントになることがあるそうで、同作の白いクリスタル(XMが密集しているところと思われる/関連記事)の周辺を探すと見つけられるかもしれないとのこと。「ポケGO」をプレイする場合は、「Ingress」もインストールしておいたほうが良いかもしれません。

 また、課金アイテムについては、「ふかそうち」の購入を薦めていました。珍しいポケモンを集めるのには、最も効果的とのこと。逆に、トレーナーレベルに関しては、ハイパーボールを手に入れられるようになったら、頑張ってまで上げる必要はあまり感じなかったそうです。「ルアーモジュール」と「おこう」については、「ルアーモジュール」の方がやや効果的と感じたそう。

 移動方法については、ニックさんはほぼ「歩き」でプレイしていました。ただし、それはニューヨークでは自転車での移動が危険なためで、環境によっては自転車やゆっくり走るバスを活用するのも良いのではと語りました。

 最後に、「ポケモンGO」のプレイし過ぎで足を痛めたりしなかったか聞いてみました。すると、「足が痛くなったことはある。でも、常に体調に気を使い、自由に動ける機動力を身に付けるべきだ。そうじゃないと、ポケモンマスターとはいえないよ」とのカッコイイ返事が。ポケモンマスター……すごい!

 本当はもっとたくさん質問をしたかったのですが、時間の関係でここまでとなってしまいました。ポケモンマスター直伝の攻略法、ぜひ活用したいものですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」