ニュース
» 2016年08月15日 18時13分 公開

墓参りGO 位置情報を使って特定の場所でのみ故人のメッセージを再生できるAR墓アプリが登場

野生のメッセージを登録することもできます。

[コンタケ,ねとらぼ]

 墓石や石材の販売・加工・取り付けを行う良心石材が、スマートフォン用アプリ「Spotmessage」を発表しました(現在はAndroid版のみ、iOSは8月末リリース予定)。位置情報を使い、指定した場所でのみ他ユーザーに動画や写真を見せられるメッセージアプリです。


イメージ 「Spotmessage」使用イメージ


使い方 使い方

 同アプリは、お墓や思い出の場所の位置をアプリに登録する事で、故人のメッセージ動画や写真を出現させたり、ARで自身を出現させることができるというもの。また墓石に限らず、散骨、樹木葬、納骨堂といったあらゆる慰霊施設に対応し、世界中で利用できます。

 つまり、「ポケモンGO」のポケストップのように、特定の場所に行くことでメッセージを再生できるようになるというわけです。公式動画では、父親が自分の墓に近づいた娘にメッセージを見せるという使い方を紹介しています。




遺影 父親が亡くなったようです


反応 外を歩いていると「Spotmessage」に反応が


100メートル 100メートル先にメッセージの場所があるようです


墓 指定された場所に行くと父の墓が


アプリ 「お前がこの動画を見ているということは、お父さんはこの世にはいないということだ」


メッセージ 「思いやりのある娘に育ってくれて、ありがとう」


涙 「お父さん……!」

 また、故人にかぎらず、普通に「特定の場所でだけ再生できるメッセージ」としても利用できます。その場に来れば全ユーザーが見られる「野生のメッセージ」的なこともできるもよう。ただし、メッセージの受信側もアプリをインストールしている必要があります。

 「ポケモンGO」のリリースから位置情報サービスに注目が集まっていますが、新しい使い方を見た気がします。今メッセージを残しても自分が死ぬまでサービスが続いているのか、ちょっと不安ですが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた