ニュース
» 2016年08月18日 11時56分 公開

まだ魔法は終わらない! 「ハリポタ」最新作、短編3冊が9月に電子書籍として発売

「ホグワーツ ホグワーツ ホグホグ ワツワツ ホグワーツ」

[城川まちね,ねとらぼ]

 8月17日、ハリー・ポッターシリーズの最新作が、電子書籍として9月6日に発売されることがJ・K・ローリングのWebサイト「Pottermore」で発表されました。日本語を含む全世界8カ国言語での出版となります。う、うれしい!

ハリー・ポッター最新の短編3部作 ハリー・ポッター最新の短編3部作(画像はPottermoreのInstagramより)

 短編3冊となる同作は、主にホグワーツ魔法学校にフォーカスしたもの。おなじみの人気キャラクターたちが登場し、ファンを興奮させる豪華な内容になりそうです。

 「Power, Politics and Pesky Poltergeists(パワー、政界とうるさいポルターガイスト)」では、ホラス・スラグホーンやドローレス・アンブリッジ、クィリナス・クィレルが登場。魔法界におけるダークサイド、魔法省やアズカバン刑務所の歴史についてのもの。

 ミネルバ・マクゴナガルとリーマス・ルーピン、シルバヌス・ケトルバーンが登場する「Heroism, Hardship and Dangerous Hobbies(ヒロイズム、耐えがたい苦痛と危険な趣味)」では、第2次魔法戦争でのマクゴナガル先生の役割について、J・K・ローリングが初めて明かします。

 「An Incomplete and Unreliable Guide(不完全であてにならないガイド)」は、ホグワーツのゴーストたちについて詳しく書かれたもの。読者はページをめくるごとにホグワーツ魔法魔術学校の秘密を発見し、隠された部屋や通路を知ることができるとか。

J・K・ローリング J・K・ローリング(画像はPottermoreのInstagramより)

 日本では11月に、舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の書籍版発売も予定されています(関連記事)。ロンドンのパレス・シアターでの同舞台上演初日、ハリー・ポッターシリーズはすべて「やり終えた」と、同シリーズはこれ以上筆を取ることはないと思わせるような発言をしたローリング。しかしファンにはまだまだサプライズが用意されていたようです。

 3つの短編はそれぞれ「1時間程度で読める」長さのよう。価格は1.99ポンド(約260円)で、「Pottermore Shop」やそのほかの電子書店で購入できます。

関連キーワード

ハリー・ポッター | 電子書籍 | 出版 | 歴史 | 秘密


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響