ニュース
» 2016年08月20日 13時25分 公開

西尾維新“戯言シリーズ”アニメ化第一弾、「クビキリサイクル」がOVA全8巻で発売決定!

いーちゃんが……友が……哀川潤が……アニメで動くッ!

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 5月6日にアニメ化が発表されていた西尾維新さんの“戯言シリーズ”ですが(関連記事)、その第一弾として、デビュー作「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」のOVAによる映像化が発表されました。同作のブルーレイ&DVD第1巻は10月26日に発売。以降、毎月発売され全8巻となります。


 「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」は、2002年に刊行された西尾さんのデビュー作で、第23回メフィスト賞を受賞。当時、西尾さんは若き天才として脚光を浴び、「京都の二十歳、西尾維新」というキャッチコピーも強く印象に残っています。

 この作品から始まる“戯言シリーズ”には、魅力的なキャラクターが数多く登場し、それぞれに“二つ名”が付いています。例えば、同作主人公の「ぼく(あーちゃん)」の二つ名は「戯言遣い」、ヒロインの玖渚友は「死線の蒼(デッドブルー)」、そのほか、哀川潤=「人類最強の請負人」、零崎人識=「人間失格」……など、中二病のココロをおおいに刺激してくれるネーミングセンスです。恐るべし西尾維新。

 今回のこの発表に伴い、8月19日に全国ロードショーとなった「傷物語〈II熱血篇〉」の公開劇場で、「クビキリサイクル」の限定映像を8月26日まで公開。限定映像では、キャラクターのアニメーションやボイスが初解禁されたほか、アニメ「〈物語〉シリーズ」でおなじみのシャフトが同作でも製作を担当することが明かされました。

 このニュースに対してネットでは歓迎の声多数。「熱血編の上映前にクビキリサイクルの限定映像が見れるだと?! 何回でも見に行くぞ玖渚ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」「クビキリサイクル映像化かよ激アツ」といったストレートな喜びの声のほか、「クビキリサイクルとかいう厨二病のバイブルみたいな本の話はやめよう。やめてよ!」といった屈折した喜びの声も。さらに、「よくよく考えたらクビキリサイクルを8分割するのか 傷みたいになりそう」との指摘もありました。

 公開された公式サイトは「言葉が無限にサイクルする」というコンセプトになっていて、サイトトップで螺旋のように中心から外側へ回転する各文章をタップすると、作中のセリフを戯言(=ツイート)できます。


(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

関連キーワード

アニメ | 西尾維新 | アニメ化 | 化物語 | 天才


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響