ニュース
» 2016年08月29日 09時00分 公開

【ニッポン洋食ものがたり】コロッケはいつから「国民食」になった?

コロッケ食べたい。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
日本の「洋食」として、独自の発展を遂げたコロッケ

 みんな大好き「コロッケ」。揚げたてのアツアツに、ソースをたっぷりかけて……想像しただけでたまりません。

 お肉屋さんの名物コロッケ、デパ地下で買うおしゃれなコロッケ、レストランで気取っていただくクリームコロッケなど、皆さんそれぞれに思い出の味があるのではないでしょうか? 近年では「台風の日はコロッケを食べる」なんて新習慣(?)も見聞きしますね。

 そんなコロッケが日本で作られるようになったのは、明治時代。たった百数十年の間に普及し、定番メニューになったというわけです。どうして、これほどまでに愛されるようになったのか? コロッケの歴史をひも解きます。

日本最古のコロッケのレシピとは?

揚げたて、あつあつ、サクサクのコロッケ……とっても美味しそう

 明治時代の初め、日本が国を挙げての「近代化」「西欧化」に躍起になっていた時代。食生活も例外ではなかったようで、西洋料理店が次々と開店し、料理書の発行も盛んに行われました。1872(明治5)年に発行された「西洋料理指南」という書物に、早くもコロッケの作り方が紹介されています。

 さらに、官公庁や学校、鉄道の食堂車などが「洋食」をメニューとして採用。いわば「上からの改革」といった形で、洋食の普及が進められていきました。

じゃがいも主体のコロッケになった理由とは?

 フランスの前菜「クロケット」に由来すると言われるコロッケ。日本では、メイン料理、おかずの主役として独自の発展を遂げました。

 フランスのクロケットは、ベシャメルソースと具材を合わせた、クリームコロッケ的なもの。日本のコロッケの具材が「じゃがいも」主体になったのは、どうしてでしょうか?

 「乳製品の取り扱いに不慣れだったから」「じゃがいもが北海道に導入され、盛んに栽培されるようになったから」などの説がありますが、有力なのは「オランダ料理の影響」説。明治時代に、長崎で西洋料理店を始めたシェフが、オランダ料理の知識と天ぷらの調理法を組み合わせ、レシピを考案したというのです。

不況、震災……コロッケは「庶民の味方」

お肉屋さんのコロッケが普及した背景には「不況」あり?

 明治時代の中期になると、高級路線の西洋料理店はすたれ、代わりに「洋食屋」「一品洋食」などの、庶民が気軽に食べられる価格のお店が登場。こうしたお店で、人びとは「コロッケ」「カレー」「オムライス」といった洋食に親しんでいきました。

 第一次大戦後の「戦後不況」、アメリカの大恐慌による「昭和不況」、それに関東大震災……1920〜30年代の時代背景が、コロッケ普及に拍車をかけたという話もあります。お肉屋さんの店頭で、揚げたての「トンカツ」や「コロッケ」を売る商売が大流行。中でも、こまぎれ肉をじゃがいもに混ぜて油で揚げたコロッケが、「安くてたくさん食べられる」として人気を呼んだのです。

 その後、現代に至るまで進化を続けている日本の「コロッケ食文化」。「ご当地コロッケ」もたくさん登場していますよね。桜えび、こんにゃく、タケノコ、イノシシやシカの肉を使ったものなど、その味わいも百花繚乱。旅行や出張の際に、ご当地コロッケ探しをしてみるのも楽しそうです。

 コロッケにまつわるお話あれこれ、いかがでしたか? 今回は書ききれませんでしたが、コロッケに付き物の「ソース」にも、深〜い歴史があるようです。そのお話は、また日をあらためてご紹介したいと思います!

参考:堤人美「コロッケ・パラダイス!」(グラフィック社)
岡田哲「明治洋食事始め とんかつの誕生」(講談社学術文庫)

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響