ニュース
» 2016年09月17日 22時45分 公開

今年のゲームショウMVPはこれだ! 逆転の発想で作られた「1D(1次元)」ゲームがまさかの大人気TGS 2016

まさに発想の勝利!

[ねとらぼ]

 東京ゲームショウ、インディーゲームコーナーでは国内・海外問わずさまざまなインディーゲームを展示中。中でも注目を集めていたのが、ドイツ人クリエイターのRobin Baumgartenさん(@robin_b)が開発した「Line Wobbler(ライン ウォブラー)」というゲームでした。このゲーム、なんと2次元でも3次元でもない、“1D(1次元)”ダンジョン探索ゲームなんです!


Line Wobbler Line Wobbler(画像は公式サイトより)

 何といってもブースの見た目からして異様。5メートルくらいある白いLEDチューブがブースの上までアンテナのように伸びているのですが、実はこれが「Line Wobbler」のゲームフィールド。よく見るとLEDの上を緑の点が動いており、これがいわゆる“自機”になります。


Line Wobbler なんかこのブース、アンテナ生えてる……

Line Wobbler アンテナの根本はこんな感じ。ここからスタートして、アンテナを上まで登っていきます

Line Wobbler 緑色のドットがいわゆる“自機”

 ルールは簡単で、ラインの一番下からスタートして、一番上までたどりつけば、画面(?)がスクロールして次のステージへ。これを繰り返してボスがいる最深部を目指します。途中に出てくる赤いドット(敵)や、一定間隔で点灯するオレンジのフィールド(マグマ)に触れると下まで戻されてしまって最初から。もちろん攻撃もでき、シンプルながらもちゃんとしたアクションゲームになっていました。


Line Wobbler 遊び方。スティック上下で移動、左右に振ると攻撃ができます

Line Wobbler 赤いドットが敵です。動いたり止まったり、動きのバリエーションも豊富

 今回はLEDチューブを上に伸ばしていたので、みんなアンテナを見上げながら遊んでいたのがシュールでしたが、実はこのLEDチューブ、好きな形に曲げて遊んでもよいのだそう。スペースさえあれば横向きに置いてもいいし、折り曲げて渦巻状のコースにしてもOK。もともとは部屋の壁に沿わせて遊ぼうと、こうした仕組みにしたとのことでした。


Line Wobbler ほぼ真上を見上げながら遊ぶ形になるので疲れる……けどこれはこれで新鮮

 現状ではこれ1台を作成するのに600ドルほどかかってしまっており、量産や販売などは難しいそう。今後はイベントなどで展示していきたいと語っていました。

 「Line Wobbler」はホール9のインディーゲームコーナーで遊ぶことが可能。ピカピカ光る白いアンテナが立っているので、遠くからでもすぐに見つけられるはずです。





筆者が遊んでるところも撮ってもらいました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声