ニュース
» 2016年09月22日 20時18分 公開

メキシコの海底に広がる「海底美術館」が神秘的 訪れるたびに姿を変える「進化するアート」が作られた目的とは?

海底にこんな景色が眠っているなんて。

[め組,ねとらぼ]

海底美術館

 ビーチリゾート地として知られるメキシコ・カンクンには、500体以上の彫刻が海底に並ぶ「海底美術館」があります。一見すると海底遺跡のように思えますが、これらの彫刻は全てサンゴ礁保護のために設置されたもの。ダイビングやシュノーケル、また船底がガラスになった船などから見ることができ、ツアーで訪れる人々を驚かせています。


海底美術館

 「MUSA(Museo Subacuatico de Arte)」と名付けられたこの海底美術館は、近年危惧されるサンゴ礁破壊の対策としてカンクン国立海洋公園が作ったもの。天然のサンゴ礁を保護するための人工漁礁をいっそアートで作ろうというユニークな試みで、イギリス人彫刻家でありダイビングの愛好家、ジェイソン・デカイレス・テイラー氏が手掛けました。

 訪れる観光客が観察できるよう、彫刻が設置されているのはいずれも浅瀬。サンゴ礁の成長を見守りながら楽しめる一方で、人々が自然について考える機会としても一役買っています。


海底美術館

 人工漁礁でもあるジェイソン氏の彫刻は、海中の生物が育ちやすい素材で作られており、サンゴや海の生物が豊かに育つと、彫像自身はまるで朽ちていっているように見えるのがシュール。自然とアートが融合し、美しくも不気味な独特の雰囲気を放っています。


海底美術館

 テーマは「The Silent Evolution」。まさに刻一刻と「音もなく進化し続ける」海のアートは、たとえ再び訪れることがあっても、以前と同じ景色を目にすることはできません。


※画像は公式サイトより

(め組)


関連キーワード

芸術 | 美術館 | メキシコ | リゾート


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン