ニュース
» 2016年10月12日 13時30分 公開

行くぞォ!! 「彼岸島」師匠のお面製造現場にアーティスト・PALUと行ってみた

みんな、丸太は持ったな!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 10月12日に発売された5人組ポップロックユニット・PALUのシングル「100年時が過ぎても」。先日まで放送されたテレビドラマ「彼岸島Love is over」、10月15日から公開の映画「彼岸島 デラックス」のエンディングテーマとなっている同曲に、彼岸島の個性的すぎるキャラクター、師匠がこれでもかというほど登場しファンを喜ばせています。

PALU「100年時が過ぎても」

 師匠といえば、2メートル60センチを超える巨体に独特な仮面、万能武器・丸太をブンブンと振り回す怪力を持ち、原作である松本光司さんの漫画「彼岸島」でもその実写作品でも、一度見れば忘れない存在感たっぷりのキャラ。

みんな、丸太は持ったな! みんな、丸太は持ったな! (画像は映画「彼岸島 デラックス」より)

 そんな師匠は同シングルのジャケット写真にも、また、ミュージックビデオ(MV)にも登場。「作品からは兄弟愛のような近しい者への愛をすごく感じたので、歌詞は弟・明の目線から書き下ろした」とPALUさんが話す同曲は、MVも映画のスピンオフ作品的な内容で、作中にはいない師匠の4番目の娘として女性シンガー・PALUさんが登場します。しかし、師匠に丸太でぶっ飛ばされるという、ある種彼岸島っぽいシュールな内容(楽曲はバラードです)。

PALU「100年時が過ぎても」ジャケット写真PALU Twitter PALU「100年時が過ぎても」ジャケット写真とPALU公式Twitter。強すぎる彼岸島愛がシュール

 さらに、同シングルのLoppi・HMV限定スペシャル限定盤には、原作の松本光司さん監修による「師匠のお面」が付属し、ファンハァハァの一品となりそうです。

これで師匠が捗るな! これで師匠が捗るな!

 これを着ければあなたも師匠! な師匠のお面はどんな風に作られているのか、ボーカルのPALUさんと製造現場に行ってみました。訪れたのは、埼玉県さいたま市大宮区にあるオガワスタジオ。日本で唯一のラバーマスク生産工場として知る人ぞ知る有名な会社です。シングルの発売直前で、すでに師匠のお面は出荷済みでしたが、同社専務取締役の八木原貴裕さんのご厚意で、制作過程を見学させてもらうことができました。

師匠のマスター型 マスター型

 マスクの原型から石こうを作り、マスター型を制作。そこから生まれるラバーマスクをベルトコンベヤー上に並べ、エアブラシを使って塗装していきます。一般的なマスクだと下地やシャドーを4工程ほどで塗っていくところ、師匠の場合は7工程。時間を掛けて念入りに師匠の肌感や陰影が作り出されていきます。職人さんすごい。

ベルトコンベヤー上で塗装を待つ師匠のお面 ベルトコンベヤー上で塗装を待つ師匠のお面
塗装開始 塗装開始! 塗った後は奥で熱せられてまた戻ってくる
顔の染みのようなものも重ねて着けていく 2回転したところ。顔の染みのようなものも塗装
何度も丁寧にシャドウを入れていき…… 何度も何度も丁寧にシャドウを入れていき……
怖い 完成(強い)

 その後は工場内の別の場所で、マスクの余計な部分を切り落とした後、筆を使って細かな着色。1つ1つ手作業で丁寧にメークアップされ、立派な師匠マスクの誕生です。

裁断
着色


 PALUさんも大好きな師匠を自分の手で着色。Twitterでは彼岸島愛が強いツイートが多いPALUさんは、「この機会を与えていただいて、作品も読んで、そりゃあ好きになりますよね(笑)」とニッコニコ。映画についても「原作を読んで、あの邪鬼が動いているのを見られるのは、ファンからしたらうれしいですよ」と一彼岸島ファンの視点で熱弁しながら真剣な表情で師匠に着色していました。

完成! 完成!
師匠畑でつかまえて的PALUさん 師匠畑でつかまえて的PALUさん


 10月4日に行われた「彼岸島 デラックス」の完成披露試写会で、明の兄・篤役の鈴木亮平さんは同作を「とてもお金をかけたB級映画ができました」と意外に思える表現で紹介。続けて「作品の“面白怖さ”を再現している」とも話し、この作品をうまく表現していました。そんな話をPALUさんにすると、「そうですよ。それも含めての“彼岸島”なんですよ。タイトルにデラックスって入ってるのも含めて」とまた笑顔。師匠のお面も、ファンの心を捉えて放さないものになりそうです。

PALU 多忙の中スタジオを案内してくれたオガワスタジオ八木原貴裕専務取締役とPALUさん(と師匠)。ありがとう、そしてありがとう!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」