ニュース
» 2016年10月14日 10時30分 公開

紙面いっぱいに黄昏時の糸守町 「君の名は。」1000万人突破で新ビジュアル広告、朝日新聞に掲載

瀧くんが三葉の手に何かしている……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 紙面いっぱいに描かれた、黄昏時の糸守町。新海誠監督の映画「君の名は。」の観客動員数が1000万人を突破したことを記念して、第4弾となる新ビジュアルを使った記念広告が朝日新聞の10月14日朝刊に掲載された。

君の名は。 朝日新聞10月14日朝刊の36面。夕暮れの糸守町が美しい!

 「君の名は。」は8月26日に公開、3日間で観客動員95万人、興行収入12億円を記録した。勢いは衰えず、週末の観客動員数は現在まで7週連続で1位(興行通信社調べ)。公開39日目となる10月3日に観客動員1000万人・興行収入130億円を突破した。

君の名は。 ビジュアルには、立花瀧が宮水三葉の手に何か書き込む姿が

 朝日新聞の記念広告には「1000万人突破!」の文字がデカデカと書かれているほか、「この奇跡の物語に日本中が恋をした」のコピーも。ビジュアルは主人公の立花瀧がヒロインの宮水三葉の手に何か書き込んでいるシーン。バックには作品の舞台・糸守町が夕焼けに染まる風景が描かれ、本作の背景の美しさが伝わる広告となっている。

追記

 10月14日に東宝が、記念広告に使用した新ビジュアルをあらためて画像単体で公開した。映画のヒットに対する感謝の気持ちをこめ、新海誠監督、キャラクターデザインの田中将賀さん、美術監督の丹治匠さんらスタッフが新たに描き下ろしたという。イメージは、劇中で彗星が地球に最も接近する日の夕方(かたわれ時)に糸守湖を見渡す山頂で、瀧と三葉が出会うシーンと発表。

君の名は。

 新海誠監督は「想いと願いを他者に届けようともがくこと、それがこの映画のコアです。そういう瞬間を、あらためてこのイラストに描きました。『君の名は。』がとても多くの観客に届きつつあることを、心より感謝しています。」とコメントを寄せている。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声