ニュース
» 2016年10月14日 10時30分 公開

紙面いっぱいに黄昏時の糸守町 「君の名は。」1000万人突破で新ビジュアル広告、朝日新聞に掲載

瀧くんが三葉の手に何かしている……!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 紙面いっぱいに描かれた、黄昏時の糸守町。新海誠監督の映画「君の名は。」の観客動員数が1000万人を突破したことを記念して、第4弾となる新ビジュアルを使った記念広告が朝日新聞の10月14日朝刊に掲載された。

君の名は。 朝日新聞10月14日朝刊の36面。夕暮れの糸守町が美しい!

 「君の名は。」は8月26日に公開、3日間で観客動員95万人、興行収入12億円を記録した。勢いは衰えず、週末の観客動員数は現在まで7週連続で1位(興行通信社調べ)。公開39日目となる10月3日に観客動員1000万人・興行収入130億円を突破した。

君の名は。 ビジュアルには、立花瀧が宮水三葉の手に何か書き込む姿が

 朝日新聞の記念広告には「1000万人突破!」の文字がデカデカと書かれているほか、「この奇跡の物語に日本中が恋をした」のコピーも。ビジュアルは主人公の立花瀧がヒロインの宮水三葉の手に何か書き込んでいるシーン。バックには作品の舞台・糸守町が夕焼けに染まる風景が描かれ、本作の背景の美しさが伝わる広告となっている。

追記

 10月14日に東宝が、記念広告に使用した新ビジュアルをあらためて画像単体で公開した。映画のヒットに対する感謝の気持ちをこめ、新海誠監督、キャラクターデザインの田中将賀さん、美術監督の丹治匠さんらスタッフが新たに描き下ろしたという。イメージは、劇中で彗星が地球に最も接近する日の夕方(かたわれ時)に糸守湖を見渡す山頂で、瀧と三葉が出会うシーンと発表。

君の名は。

 新海誠監督は「想いと願いを他者に届けようともがくこと、それがこの映画のコアです。そういう瞬間を、あらためてこのイラストに描きました。『君の名は。』がとても多くの観客に届きつつあることを、心より感謝しています。」とコメントを寄せている。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響