ニュース
» 2016年10月19日 16時23分 公開

その愛は永遠に…… “千葉県のYさん”、橘万里花役の声優・阿澄佳奈さんに感謝のメッセージ「万里花を真の真のヒロインにしてくれた」

万里花はYさんと結ばれて幸せになったはず。

[深戸進路,ねとらぼ]

 8月に完結した古味直志さんの漫画「ニセコイ」。同作のサブヒロイン・橘万里花への尋常ならざる愛で知られる“千葉県のYさん”が、アニメで声優を務めた阿澄佳奈さんのラジオ番組に感謝を伝えるメールを送り、ご本人に読まれたことが話題となっています。文章からあふれるマリー愛がすごい……!

ニセコイ 千葉県のYさん Yさんのメインヒロイン・橘万里花(画像はアニメ「ニセコイ」公式サイトから)

 メールは「私はニセコイの中では楽と万里花が1日だけ恋人の振りをして遊園地へ行く話が1番好きでした」と、早速万里花への愛がチラ見えするところからスタート。その後は思い入れの強いストーリーやイベントに触れながら、「万里花を真の真のヒロインにしてくれたこと、そしてあのイベントが忘れられない思い出にしてくれたこと、遅くなってしまいましたが、阿澄さんにはこの場を借りて感謝を言わせて頂きたいと思います。本当にありがとうございました」と胸が熱くなるメッセージが。

 最後は「ニセコイはこれにておしまいですが、私にとってはいつまでもやっぱり万里花がナンバーワン。阿澄さんが万里花を演じてくれて本当によかったです」と締めくくりました。こちらまでウルっとくる愛の深さです。


 阿澄さんはメールを読み終えると「このメールの送り主がね、千葉県のYって書いてあるの!」「これ本物なのかなぁ?」と驚きの表情。Yさんの存在は広く知れ渡っているようで「お初にお目に掛かります」「メールで初めてこうしてお話できて、ありがたいでございます」と恐縮しきりの様子でした。

千葉県のYさん 人気投票 人気投票にファンがランクインする奇跡も(画像は「千葉県のYさん、「ニセコイ人気投票」に参加しない大事件発生」より

 千葉県のYさんといえば、同作の人気投票で数々の伝説を作ったことで知られ、ファンの間では知らない人がいないほどの人物です。2016年3月に行われた投票では、Yさんが不参加だったことが、週刊少年ジャンプ編集部に“最大の事件”と評されるほど大きな話題に。そして「ニセコイ」最終話では、万里花のお見合い相手として作中に名前が登場するという偉業も成し遂げました。

 原作が完結し、最近ではYさんの話題を聞くことも少なくなっていましたが、変わらず万里花への愛を貫いているようで安心しました。この愛は永遠だ……。

千葉県のYさん 最終回 万里花を幸せにできるのはYさんしかいない(画像は「“千葉県のYさん”が最終話で偉業を成し遂げる」から

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する