ヒラギノ角ゴシック「W0」の雪だるまはなぜ黒い帽子をかぶっているの? 開発元に聞いた

デザインが異なるのは雪だるまだけではありませんでした。

» 2016年11月18日 13時48分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 文字フォントの1つである「ヒラギノ角ゴシック」をW0〜W9まで一列に並べてみたところ、「W0の雪だるまだけ他とデザインが違う」というツイートが話題になりました。 なぜW0だけがこうしたデザインとなったのか、開発元に取材しました。


ヒラギノ角ゴシックW0 W0の雪だるまは黒い帽子をかぶっている(Yusuke Teradaさん提供)

 きっかけとなったのはTeX2img(TeXソースコードを画像で出力するアプリ)の開発者としても知られるYusuke Terada(@doraTeX)さんのツイート。

 ヒラギノ角ゴシックのW0からW9まで雪だるまを1列に並べると、確かにほかの雪だるまが白い帽子なのに、W0の雪だるまだけは黒い帽子をかぶり、微笑んでいるように見えます。

 この違いについてYusuke Teradaさんは、TeXデベロッパー界では、「雪だるま」で遊ぶのが一種の「お約束」となっていると言い、今回の「W0だけ雪だるまのデザインが違う」ということに、今更ながら偶然気づいたと明かしました。

そもそもW0とはどういうフォントなのか

 ヒラギノ角ゴシックW0は、10種類ある「ヒラギノ角ゴシック」の一種。これまでのヒラギノ角ゴシックの中で最も細かったW1の約半分の線幅で設計されており、いわば「極細ゴシック」です。ほかの極細フォントよりもスタイリッシュな印象で人気があります。


ヒラギノ角ゴシックW0 ヒラギノ角ゴシックW0で入力した文字例。確かにスタイリッシュな印象(SCREEN提供)

「なぜW0の雪だるまは黒い帽子をかぶったのか」開発元に取材

 そんなW0ですが、雪だるまに関してはW1〜W9までは全く同じデザインなのに、なぜW0だけデザインが異なるのでしょうか。開発元であるSCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズのフォント担当・三橋 洋一さん(以下、SCREEN)にお話を伺いました。

――なぜW0の雪だるまは黒い帽子をかぶっているのでしょうか

SCREEN:それは、W0だけ制作時期とフォントのデザイナーが異なるからです。W1〜W9までは1990年代に字游工房さんが制作したもので、W0は字游工房さんから独立したヨコカクさんが2014年に制作したものです。欧文はSHOTYPE DESIGNの岡野邦彦さんが担当されています。

――なぜW0はヨコカクさんと岡野さんが担当することとなったのでしょうか

SCREEN:ヨコカクさんは字游工房さんに長年在籍した岡澤慶秀さん率いる書体制作会社で、字游工房と同じく優れた技量を持ち、かつヒラギノフォントのデザインを完全に理解し再現できる数少ない会社です。弊社ではその時々の開発プロジェクトの内容や状況に応じて、この2社から委託先を決定し、品質を維持しています。

――そうだったのですね。具体的にはなぜ雪だるまのデザインが大きく異なるのでしょうか

SCREEN:雪だるま始めいくつかの記号類を弊社では「共通記号」と呼び、本来はフォントのウエイト(太さ)が変わっても、太さを含めてまったく同じデザインにします。しかしW0は細いデザインのフォントのためW0で同じ共通記号を使うと、共通記号だけが太く見えて違和感が出てしまいます。そのためW0では共通記号のデザインを調整してもらいました。

――ということは、雪だるま以外にもデザインが違うものがあるということですか

SCREEN:そうです。しかし多くは微妙な違いで、雪だるまのように「目立つ」違いは他にはないと思います。


ヒラギノ角ゴシックW0 雪だるまを含む共通記号のデザインの違い(SCREEN提供)

――そもそもなぜ「ヒラギノ角ゴシック」に雪だるまが搭載されているのでしょうか

SCREEN:雪だるまは弊社のヒラギノフォントに限らずDTP用のフォントには1990年代から採用されています。現在はOpenTypeフォントが主流ですが、それ以前はCIDフォント、さらにそれ以前はOCFフォントと呼ばれるフォントが主流でした。このOCFフォントにも雪だるまは搭載されています。さらにOCFフォントに雪だるまが搭載されていた理由を少し調べてみたのですが、当時のワープロ専用機に由来するらしいというところまでしか分かりませんでした。

――W0の雪だるまのデザインが違う、とTwitterなどで話題になっていたことは知っていましたか

SCREEN:はい、知っておりました。しかしここまで反響があるとは意外でした。でもこういった話題を機に、より多くの方にフォントを身近に感じてもらえるとうれしいですね。


 三橋さんによると、雪だるまなどの共通記号だけでなくW0では英数字や記号などのデザインも一新されているとのこと。見比べてみると確かにのびやかでメリハリのあるデザインが特徴的ながらも、従来のデザインを踏襲したステキなフォントになっています。


ヒラギノ角ゴシックW0 ヒラギノ角ゴシックW0はこんなデザイン(SCREEN・ヒラギノ総合カタログより)

 普段目にするたくさんの文字フォント、これからは文字そのもののデザインにも注目してみると毎日の生活が楽しくなりそうです。

(Kikka)

関連キーワード

デザイン | フォント | 取材 | デザイナー | 開発者


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news010.jpg 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
  2. /nl/articles/2404/09/news079.jpg お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  3. /nl/articles/2404/11/news030.jpg 夫婦ゲンカ翌日の“やり返し弁当”、白飯に「バカ」だけと思いきや…… 「仕返し最高です」「めちゃめちゃおもろい笑」
  4. /nl/articles/2404/12/news017.jpg ダイソーのバケツでオクラを育ててみたら…… 最強の省スペース栽培に「今年の夏は是非やってみます」「すごい!すごすぎます!」
  5. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  6. /nl/articles/2404/11/news026.jpg 庭に直植えして大後悔した巨大木の伐採を、YouTuberにお願いしたら…… 流血沙汰の結末に「色々と考えもんだなぁ」「あんなんなるんだ」
  7. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  8. /nl/articles/2404/11/news095.jpg カビ・石けんカス・水アカはどの順番で落とせばいいのか―― プロが教えるお風呂掃除が参考になる「見事です!」「感動しました!」
  9. /nl/articles/2404/12/news009.jpg 猫素人だった息子と、元野良猫が出会って3年…… 徐々に距離を縮める様子に「ジーンとしました」
  10. /nl/articles/2404/12/news015.jpg 万能「ストライプシャツ」の“コレジャナイ感”を解決するには…… 印象激変の着こなし術に「できそう!」「ちょっとした工夫ですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」