ニュース
» 2016年11月17日 18時00分 公開

「幸せに暮らしていますか」 伊達さん(高橋一生)吠える、怯える ドラマ「プリンセスメゾン」4話ねとらぼレビュー

東京の空の星は、見えないこともないんだな【やわスピ×ねとらぼ】※更新あり

[たまごまご,ねとらぼ]

 もっさり系女子、26歳の沼越さん(役:森川葵、以下沼ちゃん)が、マンションを買うために不動産屋に通うドラマ「プリンセスメゾン」は、NHK BSプレミアムで放送中。Webでも公開中。マンガ原作はやわらかスピリッツで連載中、スクロールしていくとここでも読めますよ!


プリンセスメゾン ドラマ「プリンセスメゾン」


伊達さんはいつも必死


プリンセスメゾン 伊達さん(高橋一生)

 真面目で、あまり感情が見えないパーフェクト社員伊達さん。

 彼は、自分が住む「武蔵小杉」がものすごく好きな土地のよう。適当な呼び方をされた時、地元民としてのプライドと、自分の熱い思いがほとばしり、キッとなって訂正をします。同じ会社で働く阿久津さん(舞羽美海)いわく「あの人に初めて温度を感じました」

 そして伊達さん、水の上が極度に苦手。船着き場で腰が抜ける始末(かわいい)。沼ちゃんですらも「伊達さんにも怖いものがあるんですね」。ニヤっとしたのは、みんなが伊達さんを、身近に感じたから。


プリンセスメゾンプリンセスメゾン 水が苦手でフラフラな伊達さん

 伊達さんは、本当は強い人じゃないと思う。確かにちょっと発言はおっかないし、バリバリ仕事こなすマシンだし。しかし彼だって人間。苦手なものも、好きな場所もある。むしろ、感情を見せないのは冷淡だからじゃなく、仕事と戦うのが怖いからなんじゃないかなあ。

 初めてマンションを売った時。伊達さん、同じ無口ではあるのだけど、「ビビっている」方の黙りでした。

 今、伊達さんは沼ちゃんという「家を買うことの価値観」を思い返させる人間に出会った。みんなの前で完璧を演じていたのに、自らの中の「怖いこと」「緊張すること」が一気に襲ってきた。

 伊達さんは、最初のお客さんの家に行きます。

 「この家を買ってよかったですか。本当にこんな広い家必要でしたか。……幸せに暮らしていますか」

 伊達さんが今まで絶対見せなかった、感情的な姿。彼の震える声。泣きそうな瞳。お客さんに「幸せに暮らしていますか」なんて、絶対聞いちゃダメだよ。でも「自分がしている仕事は本当に誰かのためになっているのか」は、伊達さんの中の最大の不安だった。

 だって、家って一生がかりの、ものすごい額だもの。無責任にすすめていなかったか? 買ってくれた人は、損をしたと感じていないか? 自分がやっていることは、相手の幸せになれていたのか?

 相手の人生に自分が介入してもいいものなのか?

 沼ちゃんの両親が死んでいるのを聞いて、何も言えなかった無力感。

 伊達さんの心はまるで、水の上でふらふらしているボートのよう。彼の心は波に揺られ、今までとても不安定で、無理やり言い聞かせて押さえ込んできたんだと思う。だから沼ちゃんの一生で一度の買い物に、自分はどう接してどう売るべきか、ものすごく慎重。彼女にだけ、客ではなく生徒のように厳しいのも、きっと心配だから。

 人と接したがらない彼が、顧客だった勝木さん(宮本裕子)を誘ってお酒を飲みながら話し合った。沼ちゃんの働く居酒屋をこっそり、のぞきに行った。

 この回以降、伊達さんは一皮も二皮も向けた、大きな人になると思う。


プリンセスメゾン 沼ちゃんの居酒屋をのぞきに来た伊達さん

プリンセスメゾン この角度です

無表情を作る高橋一生はすごい

 伊達さんを演じる高橋一生が、すごい。「シン・ゴジラ」の安田や「信長協奏曲」の浅井長政、「耳をすませば」の天沢聖司などを演じた人気俳優。今回は感情が全く見えない、というかなり特殊な役柄です。

 表情を変えない演技は、ものすごく難しい。何しろ「同じ顔」で、色んな感情を表現しないといけない。伊達さんの場合「感情を出すのがヘタ」「感情をわざとおさえている」「熱血で情に厚い」「冷静で管理が完璧な上司」「怖いものの前で平静を装う」を、全部同じ顔で演じないといけない。

 今回は過去話で「新入社員でうまくいかずおびえている」シーンも演じる必要が出てきました。顔は今の伊達さんと同じ(やっぱ感情表現自体がうまくない)なんだけど、目線がフラフラしていて、身体の端々がこわばっている。止め絵ならあんまり変わらないのに、動いているのを見たら別人。

 最初のお客さんの家に、不安が止められず訪れたシーン。やっぱり表情は変わらない。ポーズも棒立ちで変わらない。でも、動画で見るとあの厳しいしつけ主のような伊達さんが、まるでおびえる子犬のように必死な動きをしている。声はふるえ、身体中がひきつり、限界の壁に当たって、必死にもがいている。画面から伊達さんの感情があふれてくる。

 家に帰って、フジファブリック「茜色の夕日」を歌うシーン。でもやっぱり表情は変わりません。

 高橋一生はこの時、伊達さんの心の全てをのどで演じました。セリフは少ない。のどの動きで、数多くのことを雄弁に語ります。

 「東京の空の星は 見えないと聞かされていたけど 見えないこともないんだな そんなことを思っていたんだ」(フジファブリック「茜色の夕日」より)



 不安ばっかりだけど、思っているより、物事はうまくいくのかもしれない。そんなことを思ってしまった。毎回キャラにあわせた曲のチョイスが鋭い。今のところ沼ちゃんだけは歌ってないですね。

 5話予告では、要さんと沼ちゃんと伊達さんで兄・姉・妹を演じる、という妙な発言が。な、なにするの伊達さん。一皮むけすぎじゃない。そういうの好きだよ。


プリンセスメゾン マンガ「プリンセスメゾン」

漫画 第4話

11月23日更新:掲載期間が終了しました

(C)池辺葵/やわらかスピリッツ/小学館

たまごまご



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  5. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/05/news037.jpg 子犬「暑い、むりぃ……」 早朝のお散歩で見せたモフモフワンコの全力な表情が応援したくなる
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する