ニュース
» 2016年11月25日 17時54分 公開

すごすぎる! ポケモン「サン・ムーン」をコイキング1匹で制覇する猛者現る

守りを固めて相手ポケモンのPP切れを待つ、気の遠くなるような戦法。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ポケモンシリーズ最新作「サン・ムーン」のチャンピオン戦にコイキング一匹で勝利し、殿堂入りを達成した猛者が現れました。この無謀とも思える挑戦者、なかのんさん(@Nakano_Official)に取材したところ、途方もない苦労が明らかに。その戦略とは?



達成目前
達成 殿堂入りの瞬間

 「一番弱いポケモンでクリアできるか試してみたかった」と挑戦に及んだなかのんさんは、まずコイキングを大量に釣るところからスタート。ポケモンは同じ種族の個体でも、微妙に基礎能力値が異なるため、釣った中から少しでも優秀なものを厳選するのが目的です。この釣りだけで20時間かけたとか……。



 大量に釣った結果、性格が「のんき」で防御が上がりやすい個体をチョイス。さらにHPと特防のパラメータが高くなるよう努力値(※)を獲得し、耐久力に優れるコイキングを育成しました。

※バトル勝利時に経験値とは別に得られる隠しパラメータ。HPや攻撃など6種類があり、倒した相手に応じて得られるものが異なる。ためておくと、ポケモンのレベルアップ時に努力値の種類に対応したパラメータが大きく上がる。なお、「努力値」はファンの間で呼ばれる非公式な通称

 覚えさせた技は、コイキングが修得できるなかで最も威力が見込める「じたばた」のみ。1つに絞った理由は、PP(技の使用時に消費するポイント)がなくなり、覚えた技をすべて使えなくなった状況のみ使える「わるあがき」を、すぐ発動できるようにするためです。


ステータス 丹精込めて育てられたコイキング

 「わるあがき」は使用すると反動により自身の最大HPの1/4が減ってしまいますが、そもそもろくなわざを覚えないコイキングにとっては貴重なダメージソース。またタイプの影響を受けないため、相手が相性の悪いゴースト系であろうと、確実にダメージを与えられるメリットもあります。なかのんさんはこれを駆使し、ほぼコイキング1匹だけでストーリーを進行。ゲームの大きな目標である、四天王戦およびチャンピオン戦までたどり着きます。



 強敵とのバトルでとった戦法は、「ディフェンダー」などの道具で守りを固め、ひたすら耐えるというもの。勝負が長引くうちにPPが切れた相手が自然と「わるあがき」を使い、反動で自滅するのが狙いです。こう書くと単純ですが、守りを固める前に攻撃を受けたらほぼ一撃でやられてしまうため、相手の序盤の攻撃が外れることが前提。また、相手のわざが急所に当たってしまった場合、道具で高めたパラメータは無視して計算され、コイキングは一撃でやられてしまいます。



 こうした悪条件から苦戦は続き、対戦相手1人につき最低100回はやり直したとなかのんさん。なにぶん戦法が戦法なので、スムーズに行ったとしても1戦あたり約1時間、リセットも含めると1人勝ち抜くのにだいたい4時間かかったそうです。

 結局、リーグ制覇までにかかった時間は、準備込みで約4日間。しかし苦労は報われ、ついに念願の殿堂入りは達成されました。ちなみに一番苦労したのはやはり「急所を突いてくる相手全般」だったそうです。


コイキング 苦楽をともにしたコイキングの「やしょく」さん

 2014年に「オメガルビー・アルファサファイア」でも、コイキング単独での殿堂入りに成功したなかのんさん。いずれまた新作が出たときに同様の挑戦をするのか、気が早いですが動向が注目されます(プレッシャーかけるようですみません)。


画像提供:なかのんさん(@Nakano_Official

(沓澤真二)


関連キーワード

達成 | ポケットモンスター | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」