ニュース
» 2016年11月30日 13時06分 公開

あざとかわいいオーランド・ブルームのウサ耳姿が女性たちのハートを撃ち抜く 「心が砕け散った」

イケメンはウサ耳の取り扱いにくれぐれも注意してほしい。

[城川まちね,ねとらぼ]

 英俳優のオーランド・ブルームが、ウサ耳を付けて笑っている画像を投稿して女性たちの心をつかみまくっています。イケメンのウサ耳なんてずるいよ……。

ウサ耳を付けたオーランド・ブルーム つかまれてしまった(画像はオーランド・ブルームのInstagramから)

 ブルームの付けているウサ耳にはまだ値札が確認でき、この雑さがむしろかわいさを増幅させているようですが、果たして天然なのか計算なのか推し量られるところ。画像にブルームは、「誰がVSのオープニングを飾るのかな!」とおちゃめなコメントをつけ、女性たちのハートをさらに握りつぶしにかかっているもようです。

 このあざといウサ耳画像に対してファンたちは、「天使なんだけど」「1番お気に入りのトップモデル」「女子用のVSきたわ」「何でこんなにかわいいわけ?」「かわいすぎて心が砕け散った」「私、あなたと結婚したい。人妻だけど問題ない、離婚する」と息も絶え絶えの様子。もうやめてあげて!

 ブルームがオープニングの登場をにおわせている、米下着ブランドのVS(ヴィクトリアズ・シークレット)は11月30日にパリでは初となるファッション・ショーを開催することになっています。「エンジェル」と呼ばれる同ブランド専属モデルたちはすでにプライベート・ジェットで現地に到着済み。ブルームのオープニング登場は難しそうです。ちなみにブルームの元配偶者、ミランダ・カーは「エンジェル」の1人として人気を博していました。

パリへ向かうヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズ パリへ向かうエンジェルズ。このオープニングを飾ると……(画像はヴィクトリアズ・シークレットのInstagramから)

 交際相手の米歌手ケイティ・ペリーとたまごっちをつけた正装で登場したり(関連記事)、ハロウィンには特殊メイクをほどこしてヒラリー・クリントンとドナルド・トランプになりきったりと、遊び心のあるブルーム。ただイケメンというだけではないところが恐ろしいですね。

クリントンに扮するケイティ・ペリーとトランプに扮するオーランド・ブルーム ケイティ(ヒラリー)の後ろをうろつくブルーム(画像はケイティ・ペリーのInstagramから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」