ニュース
» 2016年12月02日 13時38分 公開

「もっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね」 つるの剛士、流行語大賞への苦言に反響

ブログでは候補にも上がっていない「きょとん顔」のサプライズ受賞を狙っていたつるの剛士さん。

[まっつ,ねとらぼ]

 タレントや俳優、ミュージシャンとして活躍中のつるの剛士さんが、2016年のユーキャン新語・流行語大賞(関連記事)にトップテン入賞した「保育園落ちた日本死ね」に対し、「とても悲しい気持ちになりました」と胸の内をTwitterでツイートし、反響を呼んでいます。

つるの剛士 「とても悲しい気持ちになりました」(画像はつるの剛士さんのTwitterから)


 イクメンタレントとしても知られるつるのさんは「こんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って」と不快感をあらわに。「なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました。きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。 皆さんは如何ですか?」と、年間大賞に輝いた「神ってる」を使いながらファンに投げかけました。

 このツイートには「私も全く同じ気持ちです」「私も違和感がありました」と賛同する声が寄せられた他、「いやいや、このお陰で待機児童問題に政府が本気で取り組まなければならなくなったし、溜飲を下げたり救われた思いのパパママいっぱいいますよ」といった声も上がり白熱した議論が繰り広げられています。

 表彰式終了後すぐにブログを更新したつるのさん。中継を見ながら書いたとみられるブログにはワクワクする様子をつづっていましたが、Twitterでの発言は“一人の親”として一晩改めて考えてみた結果なのかもしれません。

流行語大賞2016 「PPAP」や「ポケモンGO」、「ゲス不倫」などもトップテン入賞(画像はユーキャン新語・流行語大賞のサイトから)

つるの剛士 2010年の流行語大賞で「イクメン」が入賞した際、イクメン代表として受賞したつるのさん(画像はつるの剛士さんのオフィシャルブログから)

関連キーワード

Twitter | 流行語 | イクメン | 芸能人 | ユーキャン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」