ニュース
» 2016年12月06日 14時17分 公開

「真田丸」振り返り4コマ(12月4日放送分『引鉄』)

やはり登場、フリントロック式馬上筒! ところでフリントロック式って?

[シミルボン]

 自称プロの真田幸村ファン、みかめです。

 NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ、今回は第48話の「引鉄」から。

NHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマ

 大坂城はでっかい宝島

 次回予告で「もしかして」と思っていましたが、やはり登場しましたフリントロック式! 「武器商」としての千利休の伏線がこのような形で生かされると誰が想像したでしょう!!

 ドラマ中では「新しい武具だから商いのめどがたつまで隠していた」フリントロック式馬上筒。実際はどんな仕組みなのか。筆者が放送後にアップしているイラストで仕組みを解説します。

ココが違うよマッチロックとフリントロック

 火縄銃のかゆいところに手がとどくフリントロック式ですが、命中精度は低め。火縄についた火を直接火薬に落とすのではなく、フリズンにガツンとたたきつけて着火させるため、衝撃が大きいのです。幸村は馬上から大将を狙撃しようとしていますが、命中精度の低さがどう影響するのでしょうか……!?

 大坂と徳川のつかの間の休戦。丸裸となった大坂城の守りを固めるため、幸村は茶臼山と岡山を空堀でつなぎ防衛ラインを作ることを提案。いずれ開戦となったときにはここを攻防の要にして戦おうとします。……が、大坂方の牢人たちは思うようには動いてくれず、幸村の思惑とは裏腹に早期開戦となってしまいました。もう「引鉄」が引かれてしまったのです。

 秀頼の国替えを決意させ、牢人衆の望みを聞き出し、自分亡き後の豊臣家を考え始めている幸村。矢沢三十郎は幸村が奇策を用いて徳川に一泡ふかせるに違いないと思っていますが、義理兄の小山田茂誠、そして実兄の信之は、幸村が家康と刺し違える覚悟でいることを察します。

 史実においては、幸村はこの休戦期間に辞世の句とも取れる書状を送っています。

定めなき浮世にて候へば 一日先は知らざる事に候 我々事などは浮世にあるものとは おぼしめし候まじく候


 筆者は「私は既に死んでいるから、これから起こる私の死に心を痛めないでくださいね」と言っているように感じました。残されたものに対する、幸村なりの気配りなのではないでしょうか。

 「真田丸」も残りあと2回。いよいよ始まる運命の大坂夏の陣。大坂城に集いし者たち、そして幸村の覚悟を、この目にしかと焼き付けていきたいですね。

 さて、今回取り上げる書籍は「火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力」です。

火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力

 火縄銃、馬、船など、戦国時代の合戦で活躍した兵器を網羅した一冊。特に合戦のスタイルを一新させた火縄銃を代表する火器の解説メインになっています。第49話で披露されるかもしれない、伊達政宗の騎馬鉄砲隊についても触れています。戦国武将が生き残りを賭けて用いた兵器とその戦術を知れば、そのマインドをさらに深く知ることができるはず。

 「真田丸」振り返り4コマは毎週火曜日更新予定です。次回もどうぞお楽しみに!

新刊のお知らせ

 「真田丸」戦国軍事考証役・西股総生先生×「ふぅ〜ん、真田丸」みかめゆきよみで送る北条五代百年をつづった大河4コマ「北条太平記」。

北条太平記

 伊勢新九郎から始まる北条五代の百年を4コマ漫画にギュッと濃縮しました。12月16日発売 原作・監修=西股総生 漫画=みかめゆきよみ


みかめゆきよみ


シミルボン

関連キーワード

4コマ漫画 | NHK | 大河ドラマ | 書籍


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2206/24/news048.jpg 溝にはまり鳴いていた子猫を保護→たった一晩で…… 先住猫より前でゴハンを待つ姿に「堂々としてる」「ちっちゃい!」

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」