ニュース
» 2016年12月17日 09時00分 公開

格ゲー企業対抗戦で優勝したスクウェア・エニックス 強豪を破って優勝をもぎ取った企業戦士に話を聞いた

決勝戦ではトッププレイヤーを擁する強豪社を撃破。

[イッコウねとらぼ]

 12月10日にドワンゴの主催で開催された格闘ゲームの企業対抗戦「企業対抗戦 〜アジェンダはストV〜」。採用タイトルは格闘ゲームの王道・ストリートファイターシリーズの最新作「ストリートファイターV」、32社の企業が熱い戦いを繰り広げるなか、2度目の優勝を果たしたのはゲーム制作会社「スクウェア・エニックス」でした。

 メンバーは第1回大会優勝時と同じ、ケンちゃんさん、Yorkさん、ミラクルフラッシュさんの3人。インタビューで家族への感謝を涙ながらに語った後、前回大会2冠(第3回は3タイトルで開催)を誇り全国レベルのトッププレイヤーを擁する強豪・NHNテコラスを決勝で撃破し、32社の頂点に立ったスクウェア・エニックス――そのeスポーツ部部長であるケンちゃんさんに、格闘ゲーム企業対抗戦への思いを聞いてみました。

ゲームを楽しみつつ、チームメンバーとの対戦を遊んでいた

―― 企業対抗戦にエントリーしたきっかけは何だったのでしょうか。

 今から5〜6年程昔の話になりますが、弊社の休憩スペースにパブリックで利用できるゲーム機がいくつか設置されていて、社員同士で交流したり気分転換できるのですが、そこで格闘ゲームを好んでプレイする人達がお昼休みの時間に対戦ゲームでリフレッシュする、というのが習慣になっていました。

 そして2015年の夏に、別件で来訪されたカプコンの方から、偶然そこで「ウルトラストリートファイター4」をプレイしていた私達に、「良かったら出場してみませんか?」とお声掛けいただき、各メンバーの上長確認をとった上で第1回格闘ゲーム企業対抗戦にエントリーしました。そこでは運良く優勝できまして、それ以降はメンバーの企業対抗戦に対するモチベーションが落ちることはなく、第2回・第3回、そして今回の第4回にも出場させていただきました。

―― 一日にどのくらいの練習をしていたのでしょうか。

 基本的にはお昼休憩や業務後の時間を使って練習していましたが、「練習」という重い感じではなくて、“ゲームを楽しみつつ、チームメンバーと対戦して遊んでいた”が近いかもしれません。もちろん、全員が「強くなりたい」「勝ちたい」という向上心は持っていました。


スクエニ スクウェア・エニックスは第1回大会でも優勝(格ゲーチェッカーより

特定プレイヤーへの対策は行っていなかった

―― 特定のプレイヤーや、会社への対策は行っていたのでしょうか。

 キャラクターの対策を少し考えたくらいで、特定プレイヤーへの対策はほとんどしませんでした。

 企業対抗戦トーナメントの特性上、「どの企業と当たるか」「誰と当たるか」のランダム性が強いため、ピンポイントなプレイヤーへの対策よりも、キャラクターへの対策やシステム的に共通となる練習、例えば攻めであればコンボ練習や補正切り、しっかり重ねる起き攻めなどの練習や、意識配分といったトレーニングを各自していた感じですね。

―― 強かったプレイヤーや、会社は。

 NHNテコラスさんが本当に強かったです…。さすが第3回企業対抗戦を2冠制覇している企業だと思いました。


スクエニ 負けが先行しながらもなんとか食らいつき、勝負はファイナルラウンドへ(企業対抗戦 〜アジェンダはストV〜【闘TV】より)

スクエニ 最後は大技をカウンターヒットさせ、一気に勝利(企業対抗戦 〜アジェンダはストV〜【闘TV】より)

スクエニ 有名プレイヤーを撃破したケンちゃんさんに、コメントも大盛り上がりでした(企業対抗戦 〜アジェンダはストV〜【闘TV】より)

―― 決勝戦の1ラウンド目からリスクのある技を打っていました。読み合いを複雑にするためかと感じたのですが、実際にはどういう意図があったのでしょうか。

 メンバーから「(リスクのある技であっても)いつも通り、部長が打ちたいところで打ってください」と事前に言われていたので、チームメンバーと自分を信じて「当たるかな」と思う所で打ちました。

―― 決勝戦前に涙しながら語った家族への感謝は、今大会屈指の名シーンだと思います。家族からどういったサポートを受けていたのでしょうか。

 決勝前のインタビューでのアレですね……。特に「ストV」に限っての話ということではなく、仕事勤めで家庭をもっている方は、家族に支えられてますよね、いろいろな面で。そういった感謝の気持ちと、こういったイベントに出場しているということも、「家庭の支えがあってのこと」と常に感じていました。それに加えて、過去のイベントは家族が家から配信を応援してくれていたので、決勝戦まで進むことができた私達のチームのことを家で応援してくれている姿を想像し、そこで感極まってしまった感じです……。

 ちなみに、大会後にLINEで優勝を報告したところ、「え、勝ったの? 今回は見てなかったー」って言われまして……。ショックでした(笑)。


スクエニ 涙ながらに「いつも支えてくれてありがとう」と語るケンちゃんさん(格ゲーチェッカーより

「打倒、NHNテコラス!」がチーム全員の気持ちだった

―― ケンちゃんさんのLP(プレイヤーの実力を示す数値)はどのくらいだったのでしょうか。

 私は大会の1週間前の時点で、1万2000から1万3000(世界ランキング2000位程)をウロウロしていたと思います。ただ、2万以上の人にもたまに勝つことができていたので、当たったとしてもワンチャンあるかも? という感じでした。チームメイトのYorkさんとミラクルフラッシュさんに関しては、私より強いプレイヤーであることは間違いないです。

―― どういう気持ちで今回の企業対抗戦に臨んだのでしょうか。

 まず、大前提として「イベントを楽しもう!」があった上で、「打倒、NHNテコラス! 目指せ優勝!」がチーム全員の気持ちだったと思います。ただ、私個人としては、もちろん「優勝できたらうれしいな」という気持ちはありましたが、前回・前々回の結果が5位タイでしたので、「ベスト4に入りたい」という気持ちが強かったですね。ですので、3回戦で当たったマイネットさんに勝ててベスト4に入れたときはすごくうれしかったですね。

 私自身はマイネットさんに負けてしまっていたので、もしメンバーのYorkさんかミラクルフラッシュさんが負けていたら、1-2で敗退して今回も5位タイという結果でした。とにかく、チームメイトが強くて頼もしかったです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」