ニュース
» 2016年12月27日 16時00分 公開

永井豪「鋼鉄ジーグ」へのオマージュ映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」、2017年5月より日本公開

日本版ではナレーションを遠藤憲一さんが担当。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 永井豪作品「鋼鉄ジーグ」をオマージュしたイタリア映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」の、日本公開が正式に決定しました(関連記事)。2017年5月より、ヒューマントラストシネマ有楽町や新宿武蔵野館など、全国で順次公開されます。


ポスター

 日本公開に寄せて、永井豪さんは「犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性のため、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!!『ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!』」と熱くコメント。また、日本版ではナレーションをエンケンこと遠藤憲一さんが担当することも分かりました。

 映画は「鋼鉄ジーグ」の実写化ではなく、同作を重要なモチーフにしたヒーローものです。主人公のエンツォは、ひょんなことから超能力を得た小悪党。最初は能力を悪用するも、闇の組織に殺された恩人の娘、アレッシアを世話するようになってから、正義に目覚めていきます。

 「鋼鉄ジーグ」の大ファンだった彼女は、やがてエンツォを同作の主人公、司馬宙(ひろし)と同一視するように。いつしか2人には愛情が芽生えますが、その前に闇の組織が立ちはだかります。


ティーザービジュアル 投影された「鋼鉄ジーグ」を背景に2人が語り合うティーザービジュアル

 フィーチャーされた「鋼鉄ジーグ」は、1975〜1976年放送のロボットアニメ。サイボーグの司馬宙が頭部に変身し、手足のパーツと磁力で合体しロボットとなる、独特のコンセプトが光る作品でした。


マグネモ 磁石のジョイントで手足を自由に合体できるおもちゃも人気でした。公園の砂場で遊んだら、砂鉄がくっついた思い出……(画像は復刻版、Amazon.co.jpより)

 そこから発展して生まれた映画は、イタリアのアカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で最多7部門受賞の快挙。モチーフをリアルタイムで見ていた世代には思い出の作品が出世して帰ってきたようで、感慨深いものがあります。


予告編

(沓澤真二)


関連キーワード

映画 | イタリア | アニメ | ロボット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  5. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  6. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  9. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙