ニュース
» 2016年12月27日 16時00分 公開

永井豪「鋼鉄ジーグ」へのオマージュ映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」、2017年5月より日本公開

日本版ではナレーションを遠藤憲一さんが担当。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 永井豪作品「鋼鉄ジーグ」をオマージュしたイタリア映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」の、日本公開が正式に決定しました(関連記事)。2017年5月より、ヒューマントラストシネマ有楽町や新宿武蔵野館など、全国で順次公開されます。


ポスター

 日本公開に寄せて、永井豪さんは「犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性のため、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!!『ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!』」と熱くコメント。また、日本版ではナレーションをエンケンこと遠藤憲一さんが担当することも分かりました。

 映画は「鋼鉄ジーグ」の実写化ではなく、同作を重要なモチーフにしたヒーローものです。主人公のエンツォは、ひょんなことから超能力を得た小悪党。最初は能力を悪用するも、闇の組織に殺された恩人の娘、アレッシアを世話するようになってから、正義に目覚めていきます。

 「鋼鉄ジーグ」の大ファンだった彼女は、やがてエンツォを同作の主人公、司馬宙(ひろし)と同一視するように。いつしか2人には愛情が芽生えますが、その前に闇の組織が立ちはだかります。


ティーザービジュアル 投影された「鋼鉄ジーグ」を背景に2人が語り合うティーザービジュアル

 フィーチャーされた「鋼鉄ジーグ」は、1975〜1976年放送のロボットアニメ。サイボーグの司馬宙が頭部に変身し、手足のパーツと磁力で合体しロボットとなる、独特のコンセプトが光る作品でした。


マグネモ 磁石のジョイントで手足を自由に合体できるおもちゃも人気でした。公園の砂場で遊んだら、砂鉄がくっついた思い出……(画像は復刻版、Amazon.co.jpより)

 そこから発展して生まれた映画は、イタリアのアカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で最多7部門受賞の快挙。モチーフをリアルタイムで見ていた世代には思い出の作品が出世して帰ってきたようで、感慨深いものがあります。


予告編

(沓澤真二)


関連キーワード

映画 | イタリア | アニメ | ロボット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」