“ファビュラス旋風”再び!? 叶姉妹、夏コミへの参加を計画中 「違うカタチでお伺いさせていただきたい」

波乱の予感……!!

» 2017年01月10日 13時09分 公開
[まっつねとらぼ]

 2016年の年末に「コミックマーケット91(C91)」に一般参加し、東京ビッグサイトに“ファビュラス旋風”を巻き起こした叶姉妹。その妹・美香さんが1月10日、「夏のコミケについて……」のタイトルでブログを更新しました。まさか、夏も降臨なさるおつもりか……!?

叶姉妹 C92にも降臨予定?(画像は叶姉妹 公式ブログから)

 「去年の冬のコミケが、あまりにも楽しくファビュラスな姉の言葉であらわしますと『プレシャスな時間』を皆さんとシェアさせていただき今もワクワクが止まらない」と冬コミでの興奮冷めやらないといった様子の美香さん。どうやら夏のコミケにも参加することを計画しているようで、「違うカタチでお伺いさせていただきたい」と、思いを表明しました。これはもしかしてコスプレ参加フラグ……?

 しかし、姉の恭子さんからは「気持ちはわかるけれどもっと時間が必要では」といわれてしまったそう。冬コミではコミケ関係者に“1万人分のお差し入れ”を計画するも、「大量のお差し入れは基本的に禁じられている」というルールにより、急きょ注文をキャンセルするなど(関連記事)ギリギリまでドタバタとしていた印象もあり、恭子さんは今回もそうなるのではと懸念しているのかもしれません。そんな恭子さんに対して美香さんは「なんとか説得したいと強く思っておりますよ」と意気込みを見せています。

 ブログの最後では冬コミ同様、「はじめての夏のコミケについても冬のコミケとは違うまだまだたくさん知らないことがあるはずですのでよろしければまたいろいろと教えてくださいね」と歴戦の猛者たちにアドバイスを呼びかけています。

叶姉妹 叶姉妹の冬コミファッション(画像は叶姉妹 公式ブログから)

 この発表を受けてインターネット上ではさまざまな意見が飛び交っており、「『違うカタチ』って薄い本を出すの? コスプレするの?」「コスプレかなあ。コスプレだといいなぁ」「まさかサークル参加か!」「え、ファビュラスな薄い本が?」など大盛り上がり。一方で夏コミの過酷さを知る人たちからは、「夏!? 大丈夫なの……? いえ、出るならあの……ご武運を……」「プレシャスでマーベラスな姉妹はあの夏のファンタスティックなスメルとインクレディブルな湿気に耐えられるのだろうか」といった心配の声もあがっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」