ニュース
» 2017年01月24日 15時51分 公開

香川・琴平電鉄のイルカの「ことちゃん」 誕生は「ことでんが要るか、要らないか」との話し合いに由来?→事実です

最近はLINEスタンプも人気のイルカさんです。

[Kikka,ねとらぼ]

 香川県を走る高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)のマスコットキャラクターでイルカの「ことちゃん」。その誕生の由来は闇が深すぎる「大人の事情」からだった――とするウワサがTwitterを駆け巡っています。ことちゃん誕生の経緯をことでんに聞きました。


ことでん ことでんのマスコット「ことちゃん」(高松琴平電気鉄道公式サイトより)

 ことちゃんは「ことでん」のマスコットで、2002年に誕生。初のイルカの駅員さんとして子どもたちにも親しまれています。

 そんな「ことちゃん」ですが、誕生の経緯についてWikipediaでは「民事再生法適用前のサービスはことでんバスとともにお世辞にも良いとはいえず、バス運転手や車掌、駅員の乗客に対する横柄な態度も問題視されていた。そのため民事再生法適用時も『身から出た錆(さび)』『鉄道は要るがことでんは要らない』など住民はことでん擁護や支援に消極的だった」「マスコットキャラクター『ことちゃん』がイルカになった理由は、この時に『ことでんは要るか、要らないか』と話し合ったことに由来する」となかなかダークな理由が記載されており、「負の歴史でわろた」「ヘビーな由来」とネット上をざわつかせています。

 とはいえ、これはあくまでもWikipediaの情報。一企業がマスコットキャラクターをそんな理由で決めることがあるのか、ことでんに聞いてみました。


ことでん 公式サイトでうどんをすすることちゃん(高松琴平電気鉄道公式サイトより)

 ことでんに聞いた「ことちゃん」誕生秘話

――早速ですが、「ことちゃん」誕生の経緯について「ことでんは要るか、要らないか」という話し合ったことに由来するというウワサがネット上で流れているのですが

ことでん:はい、事実です。

――じ、事実……なんですか!?

ことでん:はい。表向きは「大人の事情」と表現していますが、その通りです。2003年にはことちゃんのお嫁さんでピンクイルカの、ことみちゃんも登場し、人気です。


 ことちゃんはことでんの依頼でキャラフィックラボのりさこさんが考案。2013年にはご当地キャラ総選挙に出馬したこともあります。


ことでん ことちゃん ことことすたんぷ(LINEストアより)

 最近ではことちゃんがことこと煮込まれている姿など、これまた使いどころに困るタイプ(ほめ言葉)のLINEスタンプ2種類(各120円)がリリースされるなど、人気は健在のようです。

 なんともダークな理由で誕生したことちゃんですが、「釜玉うどんが大好物」という、多分うどん県では一般的なイルカです。見かけた際には煮込もうとせず、優しくしてあげてください。

(Kikka)

関連キーワード

イルカ | マスコット | 由来 | ご当地 | 人気


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10