ニュース
» 2017年01月24日 20時35分 公開

山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック 山形県警に作者の正体を聞いた

作者の「古戸うさん」さん、一体何者なんだ……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 山形県警が公開している、詐欺に対する意識向上を目的とした4コマ漫画が予想を裏切る展開の連続で、Twitterを中心に密かな人気を集めています。

山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック ひぃっ

 この4コマ漫画はよくある一方的な注意喚起という形にはなっておらず、詐欺グループの人間が主役級のキャラとして登場することもしばしば。ウソの儲け話を持ちかけた詐欺師が電話口の別の詐欺師に騙されてしまう展開や、詐欺商材を巧妙に作成しすぎたせいで身内の詐欺師が引っかかってしまう展開など、実在の詐欺手口を紹介しつつ先の読めない展開で畳み掛けてきます。

山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック 詐欺グループより怖い
山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック おっちょこちょいさん


 詐欺師を主役にしたもの以外にも、架空請求の電話を受けた女性が「お金がもったいないから、サイト接続は彼氏のスマホでしかやらない」という理由で電話口の相手を詐欺師と見破り撃退するなど、どこかブラックなテイスト。また、ややマイナーな詐欺手口として、一方的に蟹を送りつけてその代金を請求する「カニカニ詐欺」を取り上げるなど、なかなか勉強になる内容にもなっています。

山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック そんな手口が
山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック 因果応報……


 作者欄を見ると「古戸うさん」というペンネームが。この破天荒な4コマ漫画を描いたのは一体何者なのか? さっそく山形県警に問い合わせてみると、漫画が掲載されたのが2014年ごろというところまでは分かったものの、担当者が移動になっているため詳細はすぐには分からないとの回答。後日あらためて問い合わせると、詐欺被害の相談が増加していたことを背景に、当時の担当者が県内某大学の学生に依頼して作成したものだったことがわかりました。編集部では、当時やりとりに使われていたという作者のメールアドレスに取材を試みましたが、現在のところ返信はありません。古戸うさんさん、もし記事をご覧になられていたらぜひご一報ください!

4コマ漫画提供:山形県警


関連キーワード

詐欺 | 4コマ漫画 | 漫画 | 警察


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン