ニュース
» 2017年02月07日 10時42分 公開

ちょぼらうにょぽみ先生 キンコン西野の「えんとつ町のプペル」を漫画「あいまいみー」で盛大にボコる

一方、当の西野さんはこの漫画をリツイート。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 絵本「えんとつ町のプペル」の無料公開問題で炎上していた、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんに、「あいまいみー」などの漫画で知られる、ちょぼらうにょぽみ先生がアプローチし、「地獄の釜が開いた」と話題になった件(関連記事)は記憶に新しいところですが、ついにその作品が完成したようです。

お金の奴隷解放人プペル
あけこの分!
ヤマカンの分!
これは私の分!

 ちょぼらうにょぽみ先生はキャラクターの使用許可を得るため、「プペルを私が描いているあいまいみーに登場させても宜しいでしょうか?」と西野さんへリプライし、「どうぞ使ってください」と快諾されていました。「プペルとあいまいみー」というタイトルでツイートされた今回の作品は、ちょぼらうにょぽみ先生が西野さんの絵本に登場する少年・プペルをボコるという内容。「あけこ(声優の明坂聡美さん)の分!」「ヤマカン(アニメ監督の山本寛さん)の分!!」「単行本発売で炎上商法に便乗した…私の分だー!!!」と熱い怒りをブチまけます。なにか最後が違う気もしますが、あいまいみーだから仕方がない。

 ちょぼらうにょぽみ先生に話をうかがったところ、「あいまいみー」を連載する「まんがライフWIN」編集部からは、「なんてことをしてんだ……」「絶対にウチでは掲載できない」と2時間くらい説教されたそうです。しかし、掲載しなかったらウソをついたことになるので、何かと水面下で頑張ったとのこと。そうだったんですね……。


 これに対しTwitterでは、「ちょぼ先生の容赦ないプペル叩きが最高すぎる」「炎上商法にさらにガソリンぶっかけて相手にさらなる燃料与えやがった!」「面白すぎてお尻から血が吹き出ました」といった称賛の声が続出しました。

 一方で、描かれているキャラは“プペル”ではなく、“ルビッチ”ではないかという指摘も。これについても先生に聞いたところ「いや、驚きました……まさかあの少年がプペルじゃなかったなんて……。普通、手前にいるキャラがプペルだと思うじゃないですか? このやり方には本当に度肝をぬかれました」とのこと。「えんとつ町のプペル」は先生の想像を超える作品だったようです。

 なお、当の西野さんはこの4コマをリツイートした上、「あいまいみー」の新刊告知もリツイートするなど、なんだか慣れ合い的な展開に。西野さんからブログで批判された声優の明坂聡美さんはというと、「ちょぼせんせー!完全な場外乱闘です!!!! えんとつ町のプペルは素敵な絵本だよ」とツイートしています。

 ちょぼらうにょぽみ先生によると、“「プペル」ネタ”は継続しない方向とのことですが、西野さんや出版社次第では描く可能性もあるそうです。


(画像提供:ちょぼらうにょぽみさん )

五月アメボシ


関連キーワード

Twitter | 炎上 | 漫画 | 絵本 | 西野亮廣 | 4コマ漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む