Special
» 2017年02月08日 10時00分 公開

もしも「マッチ売りの少女」の世界にネットがあったら? NTT東日本が名作の世界で全力を出してみた結果

マッチ売りの少女「あーダメだ。ネットで売ろ」

[PR/ねとらぼ]
PR

 「マッチ売りの少女」「走れメロス」「奥の細道」――こうした名作の世界にもしもネットや電話があったらどんな物語になる? NTT東日本がそんなコンセプトで制作した動画シリーズ「弊社があの名作をお手伝いしてみました」がなんともシュールなことになっています。


NTT東日本「弊社があの名作をお手伝いしてみました」 NTT東日本「弊社があの名作をお手伝いしてみました」


動画が取得できませんでした
NTT東日本版「マッチ売りの少女」

 「マッチいかがですか」と呼びかけるも誰にも買ってもらえないマッチ売りの少女。本来なら寒空の下で震える少女の切ないストーリーが展開する……はずが、この世界の少女は「あーダメだ。ネットで売ろ」とあっさり家に引き返します。帰るのか……。


NTT東日本「弊社があの名作をお手伝いしてみました」 「マッチ買ってください〜」

NTT東日本「弊社があの名作をお手伝いしてみました」 「あーダメだ。ネットで売ろ」


 ネット販売の強みを生かして「マッチ箱マニア」というニッチな顧客を獲得し、順調に売り上げを伸ばしていく少女。暖かい部屋でラーメンをすすりながら「売れてる売れてる」とPCの画面を見つめるという、原作とは正反対の悠々自適な生活を送っています。ただの商売上手なネット起業家じゃねえか!


NTT東日本「弊社があの名作をお手伝いしてみました」 ネット通信のおかげでマッチ売りの少女は効率的に富を得ることができました(ハッピーエンド)

 特設サイトではこの他にも、「途中でセリヌンティウスに電話連絡するせいで全然緊張感がない走れメロス」「若い女性の間で人気の旅ブログ扱いされる奥の細道」などの動画を公開中。さらに今後は新作動画も続々追加されていく予定となっています。名作の威厳や情緒みたいなものはだいぶどっかにいってしまっている気がしますが、それだけ現代の通信環境は便利なものなんだということがよく分かりますね……。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する

提供:東日本電信電話株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2017年2月21日