ニュース
» 2017年02月14日 15時47分 公開

菅田将暉×桐谷健太のW主演で「火花」映画化決定 板尾創路監督で2017年11月公開へ

「役者が芸人を演じるのではなく、芸人を生きます。あーコワ」(桐谷健太)。

[西尾泰三ねとらぼ]

 第153回芥川賞を受賞した又吉直樹さんの小説「火花」の映画化が東宝から発表されました。auのCM「三太郎」シリーズの「鬼ちゃん」「浦ちゃん」でも知られ、ともに大阪出身の菅田将暉さんと桐谷健太さんのダブル主演で、監督は板尾創路さん。2017年11月に公開予定です。

映画「火花」メーンキャスト 映画「火花」。菅田将暉×桐谷健太のダブル主演で2017年11月に公開へ

 漫才の世界で結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永と、強い信念を持った先輩芸人・神谷が現実の壁に阻まれ、才能と葛藤しながら歩み続ける姿を描いた又吉さん初の純文学作品は、累計発行部数283万部(文庫初版部数含む)を突破するベストセラーに。2016年6月にはストリーミング配信大手の「Netflix」で連続ドラマ化されたほか、コミカライズ作品も登場しています。

 映画のメーンキャストには、又吉さんが「お三方とも僕にとって色気と才気が爆発している特別な俳優」と話す菅田さんと桐谷さんに加え、神谷の恋人で作品のヒロインとなる真樹に木村文乃さん。徳永と神谷、それぞれの相方には川谷修士さん(2丁拳銃)、三浦誠己さんがキャスティングされています。

徳永と神谷、それぞれの相方には川谷修士さん(2丁拳銃)、三浦誠己さんを起用

 「語りを画にして登場人物の思いを観客に届けるのが私の今回の一番の仕事」と語るのは、監督の板尾さん。これまで「板尾創路の脱獄王」「月光ノ仮面」などで監督経験もある板尾さんについて又吉さんは「子どものころから尊敬している板尾さんに預かっていただけることがうれしくてなりません」とコメント。なお、同作の脚本には板尾さんと長年付き合いのある映画監督の豊田利晃さん(『青い春』『クローズEXPLODE』など)が参加します。

板尾創路又吉直樹 「キャスティングに関しては、関西出身のドリームキャストで何の心配もしていません。最終的に『スパークス』と『あほんだら』という二組の漫才コンビを誕生させ、M1グランプリに出場させたい」と板尾さん

 徳永を演じる菅田さんは、2016年だけで9本、2017年も「キセキ―あの日のソビト―」「帝一の國」などの主演作がある人気の若手俳優。芸人を演じることには怖さがあったといいますが、「板尾さんと出会ってなんかもうどうでも良くなりました」とリラックスして臨んでいる心境をコメントで寄せています。それぞれのコメントは以下の通りです。

菅田将暉コメント

 お笑いがなかったら、今の僕は存在していないと思います。常に芸人さんの繰り出すパンチが好きで好きで好きで好きで仕方なかった。人を笑わす、この痛みが無いと生きていけないとすら思っています。そんな自分にとって神様であり日常である芸人さんを演じるという事にものすごく怖さがあります。

 でも板尾さんと出会ってなんかもうどうでも良くなりました。だってこんなにおもろそうな座組。原作。そして聞いたら芸人さんあるあるだと言うじゃないですか。知りたい。そんな欲求がある事をお赦しください。ただ好きなものにまい進して良いと言う許可が下りたので、この度マイクスタンド一本のステージに立たせて頂きます。

 映画『火花』宜しくお願いします。

桐谷健太コメント

 幼いころから、人を笑かして笑顔と笑い声が生まれた時のエネルギーが大好きでした。

 同時にウケへんかったら…とゆう、底知れぬ恐怖を感じ、眠れない夜も何度もありました。

 人に笑ってもらえる最上の喜びと、この上ない困難さ。それをなりわいとする芸人さんは狂気の沙汰。怪物です。そんな世界に生きようとする、いとおしい男たちの物語。役者が芸人を演じるのではなく、芸人を生きます。あーコワ。

木村文乃コメント

 誰もが知ってる物語の、誰もがどこかで経験したことのある苦さのなかで、少しだけホッといられるような存在になれるよう、板尾監督を信じてスタッフキャストの皆さんと一歩一歩踏みしめていけたらと思っています。

監督:板尾創路コメント

 この小説を映像脚本にするのは大変苦労しました。

 語りを画にして登場人物の思いを観客に届けるのが私の今回の一番の仕事だと思い半年かけて脚本を作りました。キャスティングに関しては、関西出身のドリームキャストで何の心配もしていません。最終的に「スパークス」と「あほんだら」という二組の漫才コンビを誕生させ、M1グランプリに出場させたいです。

原作:又吉直樹コメント

 「火花」は自分の作品ではありますが、舞台に立ったすべての芸人、それを支えてくださった多くの人達が大切に共有していた風景を、たまたま僕が書かせてもらっただけだと思っています。謙遜などではなく、むしろ大それた恥ずかしい発言かもしれませんが本気です。

 その風景を子どものころから尊敬している板尾さんに預かっていただけることが嬉くてなりません。脚本は豊田利晃さん。僕が東京で最初に好きになった大人です。キャストを聞いたときも興奮しました。菅田将暉さん、桐谷健太さん、木村文乃さん、お三方とも僕にとって色気と才気が爆発している特別な俳優さんです。そして、2丁拳銃・修士さん、俳優の三浦誠己さん。昔からお世話になっている大好きな先輩なので心強いです。なぜでしょう。

 監督、脚本、俳優、優しいけれどけんかが強い方々ばかりがそろった印象です。ドキドキしてきました。よろしくお願いいたします。

(C)2017「火花」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」