ニュース
» 2017年02月14日 21時57分 公開

プレイボーイ、ヌードやめるのやめるってよ 「間違いだった」と決断から1年でヌードグラビア復活へ

やっぱなーし!

[城川まちね,ねとらぼ]

 「時代遅れ」などとして2016年3月号からヌードグラビアの掲載をしない方針に転換した、雑誌「PLAYBOY」(関連記事)が、わずか1年でそれを失策だったと告白。2017年3・4月号では再びヌードグラビアが掲載されることになりました。

ヌードグラビアを復活させたPLAYBOY CCOのクーパー・ヘフナー(画像はPLAYBOYのInstagramから)

 創刊者ヒュー・ヘフナーの息子でCCOのクーパー・ヘフナーは2月13日、SNS上で「最初にヌードグラビアが時代遅れとしたのは私だが、完全にやめてしまうのは間違いだった。ヌード自体が問題ではなかった。私たちはアイデンティティーを取り戻し、自分たちが何者なのか声をあげることにします」とメッセージ入りの画像を投稿しました。

 3・4月号のPLAYBOYでは、モデルのエリザベス・エラムがトップレスで横向きに写り表紙を飾っています。この表紙ではバストトップを隠すように「Naked is Normal(ヌードは普通だ)」の文字が大きく印字され、SNS上ではハッシュダグ「#NakedIsNormal」を拡散させ復活をアピールしています。

ヌードグラビアを復活させたPLAYBOY 表紙のエラムはInstagramで「この特別な号の表紙を飾ることができてうれしい」「ヌードは本当に普通」とコメント(画像はPLAYBOYのInstagramから)

 1953年9月に創刊された同誌には、マリリン・モンロー、マドンナ、シャロン・ストーンなどのヌードグラビアが掲載されてきました。Instagramのコメント欄には「プレイボーイさん、ヌードの写真やめたのかと思ってたよ」「俺は40年間買い続けているんだ、戻ってきてくれてうれしい。プレイボーイに幸あれ!」と喜びの声が寄せられたほか、「#NakedIsNormal」のハッシュタグだけを見てヌードグラビアの復活を知らず「ヌードが普通なら何で掲載しないんだ? ヌードが戻ってくるまで買わない」などとコメントしているファンも。いずれもPLAYBOYのヌードグラビアが多くのファンに待ち望まれていたことがうかがえるものでした。


関連キーワード

グラビア | 雑誌


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」