ニュース
» 2017年02月16日 13時00分 公開

映画「無限の住人」、木村拓哉の殺陣に福士蒼汰「すごい」 市原隼人は“ハイエナの捕食映像”を見て役作り

実写映画「無限の住人」の完成報告会見が行われ、木村拓哉さんをはじめとするメインキャストらと三池崇史監督が映画の見どころを語りました。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 沙村広明さんの漫画を原作とした実写映画「無限の住人」の完成報告会見が2月15日、都内で開かれました。会見には、主人公・万次役の木村拓哉さんをはじめ、ヒロイン・浅野凜役の杉咲花さん、天津影久役の福士蒼汰さん、尸良役の市原隼人さん、乙橘槇絵役の戸田恵梨香さん、監督を務めた三池崇史さんが登壇。撮影を振り返りつつ、映画の見どころを語りました。

「無限の住人」三池崇史監督、戸田恵梨香さん、福士蒼汰さん、杉咲花さん、市原隼人さん 左から、三池崇史監督、戸田恵梨香さん、福士蒼汰さん、杉咲花さん、市原隼人さん

 同作は、1993年から2012年の19年にわたって講談社「月刊アフタヌーン」で連載された沙村さんのデビュー作。江戸時代の日本を舞台に、「血仙蟲(けっせんちゅう)」と呼ばれる生命体を体内に移植されたことにより、不死の肉体を得ることになった隻眼の剣士・万次の波乱の人生を描いた作品です。

 会見冒頭のあいさつで、「三池組の一員として皆さんの前に登壇することができてうれしい」と話した木村さん。キャストはもちろんスタッフのモチベーションも高く、「やる気と情熱と、絶対面白いものを作る」という思いに満ちた現場だったといいます。

 一方で、その熱意があまりにも高かったためか、撮影中に三池監督が足を骨折してしまうトラブルも。自分で「これはいったな(折れたな)」と足の状態を把握した三池監督ですが、残る2カットの撮影のため病院へ行くのは後回しに。翌日は朝6時からというケガ人にとってはかなりのハードスケジュールだったそうですが、普段と変わらず現場に顔を出したと、過酷な撮影現場だったことを告白しました。

「無限の住人」三池崇史監督 三池監督「それ(骨折)はね、老化現象ですね」

 当時の様子を振り返った木村さんによると、三池監督は現場で、ローリング・ストーンズのステッカーがたくさん貼られた松葉づえをつきながら指示を送っていたそうで、自分が移動する際にスタッフにぶつからないよう、つえには自転車のベルが取り付けていたのだとか。監督のユーモアたっぷりなエピソードに会場では笑い声が沸き起こっていました。

 今回、自身初の悪役である天津影久を演じた福士さん。MCから役作りをする上での苦労を聞かれると、「天津影久を主人公として見たときには、僕は悪だと思っていなくて」と、独自の解釈を展開。「変に悪を演じようとはせずに、自分(天津影久)にとっての善を極めていこうと」と、影久を演じる上で意識したことを語りました。

「無限の住人」福士蒼汰さん いつもは柔和な人物を演じているイメージのある福士さん。今回はラスボス役を熱演しています

 映画の注目ポイントとしてあげられるのが、「“ぶった斬り”エンタテイメント」のキャッチコピーの通り、ド派手なアクションシーン。2014年公開の映画「イン・ザ・ヒーロー」で見事な殺陣を披露した福士さんですが、影久の使う独特な形をした斧(おの)の扱いには相当苦労したそうで、原作通りさまざまな武器を扱う万次役の木村さんに対しては「すごい」と尊敬。武器の扱い方に悩んだという戸田さんも、「こうやったらもっとかっこよくなるよ」と木村さんにアドバイスしてもらったといいます。

「無限の住人」戸田恵梨香さん 「こんなに本格的なアクションは初めて。どこまでできるんだろうと不安に思っていた」と話す戸田さん

 共演者からの人望も厚い木村さんですが、そんな木村さんが「いい意味でクソ真面目」と絶賛したのが、役作りに対して人一倍ストイックに打ち込むことで知られている市原隼人さん。当初、役作りに悩んでいたという市原さんですが、「一匹狼でありながらハイエナのような残虐」な尸良を演じるべく、毎日のようにハイエナの捕食映像や、会場では言えないような残虐な映像を見て、「これが自分(尸良)の全てなんだ、ここに快楽を求める人間なんだ」と自分に言い聞かせていたんだとか。そのあまりのストイックさに、会場では一時どよめきが起こりました。

「無限の住人」市原隼人さん 市原さんも木村さんに対して「自分もこういう男になりたい」とべた褒め。疲れて首が回らなくなったカメラマンにマッサージを施すなど、現場のスタッフにも気を配る木村さんの姿に感化されたようです

 そんな市原さんですが、木村さんとのLINEでうっかりなミスも。撮影時に連絡先を交換したという2人。木村さんは、CMなどで市原さんを見かけるたびにうれしくなってLINEしていたそうなのですが、なぜか市原さんは“未読スルー”。実は、市原さんが使っていた携帯はその後ぐちゃぐちゃに壊れてしまったそうで、新機種に交換していたのでした。「さっき無事に交換しました」とうれしそうに報告する木村さんに、「すみませんでした!」と平謝りな市原さんでした。

 会見終盤には、原作者の沙村さんから寄せられたコメントをMCが代読。

沙村広明さんのコメント

今まで何度か映像化の話はいただいていたのですが実現せず、今回三池崇史監督・木村拓哉さん主演という豪華すぎる布陣で映画化が実現し感無量です。私のライフワークとなっていた連載19年・30巻の「無限の住人」を、一本の映画にまとめていただき、極上のエンターテイメントに仕上げていただいたことをとても感謝しています。思っていた以上に剣術のシーンも多く、アクションシーンの迫力はすごいです。これ以上無いというほどに格好良く万次を体現していだいた木村拓哉さん、芯がしっかりしていて復讐心を秘めた力強い凜を演じてくれた杉咲花さん、凛々しい姿が次第に悲壮感に満ちあふれていく天津を力強く、かつ繊細に演じていただいた福士蒼汰さんをはじめとした俳優の皆さんの熱演には頭が下がるばかりです。原作者としてこれ以上のものが無いと言い切れる映画に仕上がっています。大きなスクリーンで楽しんでください。


 沙村さんのコメントを受け、「いくら映画がヒットしても、原作者に不満を持たれてはいけない。まずはそこ。第1段階クリアーかな」と、胸をなでおろした三池監督。自身も以前から「無限の住人」のファンだったというだけに、映画化の難しさを痛感していたとのこと。「皆いきいきと無限の住人をやっている。それぞれに解釈して、演じることを楽しんでいるという、そういうことも伝わったんだと思います」と分析していました。

 映画は4月29日に全国公開予定です。

関連キーワード

映画 | 福士蒼汰 | 三池崇史 | 戸田恵梨香 | 骨折


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」