連載
» 2017年02月17日 12時15分 UPDATE

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた (2/2)

[やしろあずき,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

ゴノレゴ


 「そんな事より聞いてくれ、>>1よ…」。

 このフレーズだけでいろいろ思い出す人も多いのではないでしょうか。2ちゃんねるで大流行した「吉野家コピペ」を元に作られ、当時大ブームを起こしたFlashです。ここから派生してできたFlash作品も大量にあり、正にブームの火付け役ともいえる作品だと思います。

 そして実はこの「ゴノレゴ」、文化庁とCG-ARTS協会が選出した「日本のメディア芸術100選」のエンターテイメント部門に選出されるという快挙も成しています。アニメーション部門ではエヴァンゲリオンが選出されていることから、エヴァと肩を並べている作品ということになりますね。

 作者のポエ山さんは現在ニコニコ動画でPV職人として、本業でも映像作家として活躍しているそうです。すごい。

やしろあずき 「ゴノレゴ」シリーズにはWebサイトが存在します

ある夕食の風景


 今では死語となっている2ちゃんねる用語のオンパレードです。

 音声合成ソフトで作ったこのぎこちない感じの音声が、なんとも言えない懐かしさを感じさせてくれますよね。

 ちなみに僕は当時「age」と書けばスレが上がると思っていた人です。半年ROMります。

千葉滋賀佐賀


 Flashといえば「千葉滋賀佐賀!」と言う人も多そうなぐらい当時流行った作品ですね。元ネタはラーメンズの「日本語学校イタリア編」というコントです。

トゥートゥートゥマシェリーマーシェーリ


 空耳系も流行りましたよね。

 これ以外にも、もすかう、マイアヒなど……元ネタの曲をカラオケでかけて空耳歌詞で歌うとか、当時の2chのオフ会では誰もがやっていた気がします。

イオナズン


 2ちゃんねるで流行った「イオナズンのガイドライン」をFlash作品化したものです。

 これも大ブームになり、このころ僕の周りでは、特技を聞かれたら取りあえず「イオナズン」と答える風習がありました。

Nightmare City


 ハイクオリティーなアニメーション、格好良い曲、そして謎が深いストーリーと、当時爆発的な話題を引き起こした作品です。

 本編のクオリティーの高さだけでなく、再生スキップや歌詞表示、再生終了後の隠し映像など、さまざまな所にこれまでなかったような仕組みが組み込まれていることに驚かされました。

 というかこの作品のせいで僕の厨二病は進行した気がします。保健係だった時、クラスで飼うことにした亀に“ナイトメアタートル”って名前をつけようとして袋だたきにあったのも多分この作品の影響です。

 作者のみ〜やさんは、現在は同人Flash制作サークル「迷走ポタージュ」で活躍しています。

 ……いかがでしたでしょうか。

 おおもとのサイトが消えているものこそあれど、まだこれだけの数が残されているということは、それだけ人々の心に残っていたということなのでしょう。

 また、作者の中には今もなおさまざまな分野で活躍している方もいて、なんだかうれしく感じてしまいます。

 今回は特に僕の思い入れがある作品を中心に紹介させていただいたのですが、ほかにもあの当時人気だった作品はさまざまな形で残されていました。

 ということで、「あの作品が紹介されてない!」「あれも見たかった!」という人は探してみると出会える可能性も高いと思います。接点T!!

 以上、どこか懐かしい気持ちになれるFlashのお話でした。

 懐かしすぎて思い出したくもない過去も思い出してしまったので僕はもう寝ます。

やしろあずき 全て焼却処分したい

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.